誕生日データベース

城石憲之

プロ野球選手、コーチ[日本]

1973年 4月17日

城石憲之 - ウィキペディアより引用
城石 憲之(しろいし のりゆき、1973年4月17日 - )は、埼玉県さいたま市大宮区出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球コーチ。
元フリーターという異色の経歴を持つ。
2005年から2008年まで東京ヤクルトスワローズの選手会長。
元妻はテレビ東京アナウンサーの大橋未歩。
来歴・人物 プロ入り前 最初はサッカーをしていたが、リフティングが上手く出来ないためソフトボールに転向、中学時代は軟式野球部に所属していた。
春日部共栄高校に進学後、野球部に所属して主将も務める。
1991年には三番(または六番)・遊撃手として第63回選抜高等学校野球大会と第73回全国高等学校野球選手権大会に出場し、夏は初戦で敗退したが春に1勝を挙げる。
夏の埼玉県大会決勝では門倉健を擁する聖望学園高校を破った。
高校通算7本塁打を記録。
卒業後は青山学院大学に進学(同級生に坪井智哉がいた)するも、1週間で中退してしまった。
大学中退後、ガソリンスタンド従業員として生活していたが、日本ハムファイターズの入団テストに合格し、1994年のプロ野球ドラフト会議において日本ハムに5位で指名され、入団した。
連想語句
プロ野球日本ハム選手さいたま市アナウンサーコーチテレビ東京ファイターズフリーターヤクルトスワローズ内野手北海道埼玉県大宮区大橋未歩時代東京野球しろいしのりゆきプロヤクルト一軍人物会長出身城石引退情報憲之打撃来歴現在異色目次経歴詳細

↑ PAGE TOP