誕生日データベース

城石憲之しろいしのりゆき

プロ野球選手、コーチ[日本]

(大橋未歩アナウンサーと2007年に結婚するも2015年に離婚)

1973年 4月17日

城石憲之 - ウィキペディアより引用

城石 憲之(しろいし のりゆき、1973年4月17日 - )は、埼玉県さいたま市大宮区出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球コーチ。
元フリーターという異色の経歴を持つ。
2005年から2008年まで東京ヤクルトスワローズの選手会長。
元妻はテレビ東京アナウンサーの大橋未歩。
来歴・人物 プロ入り前 最初はサッカーをしていたが、リフティングが上手く出来ないためソフトボールに転向、中学時代は軟式野球部に所属していた。
春日部共栄高校に進学後、野球部に所属して主将も務める。
1991年には三番(または六番)・遊撃手として第63回選抜高等学校野球大会と第73回全国高等学校野球選手権大会に出場し、夏は初戦で敗退したが春に1勝を挙げる。
夏の埼玉県大会決勝では門倉健を擁する聖望学園高校を破った。
高校通算7本塁打を記録。
卒業後は青山学院大学に進学(同級生に坪井智哉がいた)するも、1週間で中退してしまった。
大学中退後、ガソリンスタンド従業員として生活していたが、日本ハムファイターズの入団テストに合格し、1994年のプロ野球ドラフト会議において日本ハムに5位で指名され、入団した。

プロ野球選手。 右投右打、ポジションは内野手。背番号は54→28→00→10番。 1973年4月17日生まれ。埼玉県出身。 春日部共栄高校時で主将を務め、遊撃手として春の甲子園及び夏の甲子園に出場。 卒業後、青学大に進学するが、中退。*1 大学中退後、ガソリンスタンド従業員などのフリーター生活となる。 1995年、ドラフト5位で日本ハム・ファイターズに入団。背番号は54番。 1998年のシーズン途中、野口寿浩との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍。 2000年以降、一軍に定着し主に二塁手として活躍。 2001年には土橋勝征との併用で、リーグ優勝・日本一に貢献した。 2006年、東京ヤクルトスワローズの選手会長に就任。生え抜きでない異例の会長就任となった。 2009年、現役引退。 妻は大橋未歩。 *1:この中退については諸説あるが、甲子園へ主将で出場した経歴が仇となって、上級生からのいわゆる『つぶし』を食い、それを嫌ったと言われている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本ハム
  • 時代
  • プロ野球
  • 打撃
  • 選手
  • さいたま市
  • アナウンサー
  • コーチ
  • テレビ東京
  • ファイターズ
  • フリーター
  • プロ
  • ヤクルト
  • ヤクルトスワローズ
  • 内野手
  • 北海道
  • 埼玉県
  • 大宮区
  • 大橋未歩
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 東京
  • 詳細
  • 野球
  • しろいし
  • のりゆき
  • 一軍
  • 会長
  • 出身
  • 城石
  • 憲之
  • 現在
  • 異色
  • 記録