誕生日データベース

若松勉

プロ野球選手、監督[日本]

1947年 4月17日

若松 勉(わかまつ つとむ、1947年4月17日 - )は、北海道留萌市出身の元プロ野球選手(外野手)・野球指導者・監督、野球解説者、野球評論家。
現役時代はヤクルトアトムズ・スワローズで長きにわたって活躍し、引退後はヤクルトで打撃コーチ・二軍監督・監督を務めた「ミスタースワローズ」。
また、小柄な体格ながら巧みなバッティングを披露し、数々の記録を打ち立てた事から「小さな大打者」の異名を持つ。
年間打率3割12回は川上哲治と並んで歴代3位。
プロ入り前 北海高校では2年生から二塁手のレギュラー。
チームは1964年夏の甲子園に進出するが、若松は病気欠場を余儀なくされる。
しかし翌1965年夏の甲子園には、背番号14ながら三番打者、右翼手として出場。
1回戦で佐賀商に敗退するがこの試合で4盗塁を決め、その俊足が注目される。
卒業後は電電北海道に進む。
北海道拓殖銀行、大昭和製紙北海道など強豪が多く、チーム自体は都市対抗に出場できなかったが、補強選手として1967年から4年連続都市対抗に出場。

■ 関連書籍

プロ野球、ヤクルトスワローズの選手・監督。 通称「小さな大打者」「ミスタースワローズ」「若様」。 右投左打、ポジションは外野手、背番号は57→1番。 1947年4月17日生まれ。北海道留萌市出身。 北海高等学校→電電北海道を経て、1971年、ヤクルトアトムズに入団。 1978年、ヤクルトスワローズ初のセ・リーグ優勝、日本一に貢献。 1970年代から1980年代を代表する打者として、スワローズの打撃陣を支えた。 1985年、生え抜き初の2000本安打達成。 1989年、現役引退。背番号1番は準永久欠番となる。 引退後はテレビ朝日の野球解説者となる。 1993年、ヤクルトスワローズの一軍コーチに就任。二軍監督を歴任。 1999年、ヤクルトスワローズの監督に就任。 古田敦也・宮本慎也らベテランと岩村明憲、五十嵐亮太らとの若手の調和に成功、2001年にセ・リーグ優勝、日本一を果たす。 「ファンの皆様、優勝おめでとうございます」が流行語大賞となる。 2005年、監督を勇退。 2006年より、フジテレビ・ニッポン放送の野球解説者となる。 2009年、故青田昇らとともにプロ野球殿堂入りに。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • 野球
  • 北海道
  • プロ野球
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 時代
  • 現役
  • エピソード
  • スター
  • スワローズ
  • プロ
  • ヤクルト
  • 外野手
  • 川上哲治
  • 打率
  • 留萌市
  • 解説者
  • 評論家
  • 詳細
  • 選手
  • つとむ
  • わかまつ
  • アトムズ
  • コーチ
  • バッティング
  • ミスター
  • ヤクルトスワローズ
  • 二軍
  • 体格
  • 出身
  • 小柄
  • 巧み
  • 年間
  • 打者
  • 披露
  • 指導者
  • 数々
  • 東京
  • 歴代
  • 活躍
  • 異名
  • 若松
  • 記録