誕生日データベース

花輪和一

漫画[日本]

1947年 4月17日

花輪 和一(はなわ かずいち、1947年4月17日 - )は日本の漫画家。
北海道在住。
1970年からイラストレーターとして活躍し、1971年に『かんのむし』(月刊漫画ガロ)で漫画家としてデビュー。
伊藤彦造ら大正モダニズムの影響の濃い画風が特徴。
初期にはエログロナンセンス的作風で猟奇的な物語を、活動中期以降は主に平安〜室町時代の日本を舞台にした怪奇かつファンタジー色が強く宗教的救済をテーマとした物語を、緻密で濃厚なタッチで描いている。
ベースとなるテーマが人間の「業」である作品が多い。
埼玉県大里郡寄居町出身。
幼少時代は両親に床下で育てられるなど、虐待を受けていたことを自ら語っている。
中学生になってから伊藤彦造などによる絵物語の挿絵に大きな影響を受け、絵を描くことへ没頭するようになる。
中学校を卒業し、上京してからも働きながら雑誌の挿絵を描いていた。
やがて「ガロ」に掲載されたつげ義春の『ねじ式』に刺激を受けて漫画を投稿し入選。
当時は自ずと湧き出る憎悪を漫画にぶつけていたという。
丸尾末広と並ぶ「耽美系」「猟奇系」作家と称されるようになる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 伊藤彦造
  • ガロ
  • 挿絵
  • つげ義春
  • イラストレーター
  • テーマ
  • ファンタジー
  • 出典
  • 単行本
  • 埼玉県
  • 大里郡
  • 室町時代
  • 寄居町
  • 影響
  • 掲載
  • 物語
  • 著作
  • 雑誌
  • かんのむし
  • エログロ
  • タッチ
  • デビュー
  • ナンセンス
  • ベース
  • モダニズム
  • 上京
  • 中学校
  • 中学生
  • 中期
  • 人間
  • 作品
  • 作風
  • 出身
  • 初期
  • 卒業
  • 大正
  • 工場
  • 平安
  • 平安時代
  • 怪奇
  • 救済
  • 日本
  • 月刊
  • 没頭
  • 活動
  • 活躍
  • 漫画
  • 漫画家
  • 画風
  • 絵物語
  • 緻密
  • 義父
  • 舞台