生年月日データベース

藤城清治ふじしろせいじ

影絵作家[日本]

1924年 4月17日 生 (満94歳)

藤城 清治(ふじしろ せいじ、1924年4月17日 - )は日本の影絵作家。
キャラクター「ケロヨン」の原作者としても知られる。
東京府(東京都)出身・目黒区在住。
ホリプロ(同社も目黒区に所在)とマネジメント契約を結んでいる。
年譜 1924年(大正13年)、東京に生まれる。
幼少時より、画才を認められる。
1936年(昭和11年)、12歳で慶應普通部入学。
仙波均平に水彩画、エッチング、油絵の指導を受ける。
この頃、先輩の縁で、猪熊弦一郎のアトリエに出入りし、モダニズム絵画に影響を受ける。
また、慶應の児童文化研究会にて人形劇と出会う。
1944年(昭和19年)、海軍予備学生となり、翌年に20歳で少尉任官、九十九里浜沿岸防備に就くも、赴任地で指人形を使い少年兵らと共に慰問演芸会を行う。
1946年(昭和21年)、慶應復学(大学2年)。
講師の小澤愛圀(よしくに)により、人形劇・影絵を知る。
人形劇と影絵の劇場「ジュヌ・パントル」を結成(「ジュヌ・パントル」は後年、「木馬座」と名称変更)。
1947年(昭和22年)、慶應義塾大学経済学部卒業。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

影絵家、1924年生まれ、東京都出身、慶應義塾大学卒 光と影で表現する絵画『影絵』 その影絵を芸術として広く浸透させた作家・藤城清治。 カルピスのマークやテレビの天気予報や、40年間続いた雑誌『暮らしの手帖』での影絵の連載などで使われた影絵の作者として広く知られる。 1924年、東京に生まれた藤城は、慶応義塾大学在学中に見たジャワ島の影絵人形劇に魅せられ、影絵の制作を開始。 画家・猪熊弦一郎らに師事していた経験が、黒を生かしたモダンな作風に繋がったといわれる。 童話の世界や郷愁を誘う風俗、景色を幻想的な色彩のシルエットなどが高く評価され、89年には紫綬褒章、95年には勲四等を受章。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年譜
  • 作品
  • 慶應
  • 昭和
  • 目黒区
  • ホリプロ
  • モダニズム
  • 人形劇
  • 仙波
  • 均平
  • 大正
  • 映像
  • 普通
  • 東京都
  • 猪熊弦一郎
  • 著書
  • 関連
  • アトリエ
  • エッチング
  • マネジメント
  • 先輩
  • 児童
  • 入学
  • 出入り
  • 出身
  • 同社
  • 在住
  • 契約
  • 幼少時
  • 影響
  • 所在
  • 指導
  • 文化
  • 東京
  • 水彩画
  • 油絵
  • 画才
  • 研究会
  • 絵画