生年月日データベース

ニキータ・フルシチョフNikita Sergeyevich Khrushchev

政治家、共産党第一書記[ソ連]

1894年 4月17日

1971年 9月11日 死去享年78歳
ニキータ・フルシチョフ - ウィキペディアより引用

ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ(ロシア語: Ники́та Серге́евич Хрущёв(ニキータ・スィルギェーイェヴィチュ・フルシショーフ)、ラテン文字表記の例:Nikita Sergeyevich Khrushchev、ウクライナ語: Мики́та Сергі́йович Хрущо́в(ムィクィータ・セルヒーヨヴィチュ・フルシュチョーウ)、1894年4月17日 - 1971年9月11日)は、ソビエト連邦の政治家、同国の第4代最高指導者。
ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記と閣僚会議議長(首相)を兼務した。
民族的にはウクライナ人。
ヨシフ・スターリンの死後、スターリン批判によってその独裁と恐怖政治を世界に暴露し、非スターリン化に基づいて個人崇拝を否定し、集団指導を掲げた。
対外的には、アメリカ合衆国を中心とする西側陣営と平和共存を図り、核実験を抑制しようとした。
一方で中華人民共和国およびアルバニアと激しく対立し、またハンガリー動乱に際し軍事介入を行うなど社会主義国同士の紛争が目立った。

■ 関連書籍

Nikita Sergeyevich Khrushchev ソ連の政治家。 1894年4月17日、生まれ。1971年9月11日、死去。 ヨシフ・スターリン死後中央委員会第一書記となり、スターリン批判を行い、平和共存外交・党内民主化を提唱。アメリカとの冷戦緩和に努めたが、中ソ対立を招き、農業政策にも失敗、1964年失脚した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ソビエト
  • 連邦
  • スターリン
  • ウクライナ
  • 人民
  • 共和国
  • 指導者
  • アメリカ
  • アルバニア
  • スター
  • ヨシフ
  • リン化
  • 中華
  • 個人
  • 共存
  • 共産党
  • 合衆国
  • 崇拝
  • 平和
  • 恐怖
  • 批判
  • 政治
  • 政治家
  • 最高
  • 核実験
  • 独裁
  • 西側
  • 陣営
  • セルヒーヨヴィチ
  • ソ連
  • フルシチョーウ
  • ムィクィータ
  • 一方
  • 世界
  • 中央
  • 中心
  • 主義
  • 会議
  • 兼務
  • 同国
  • 否定
  • 委員会
  • 対立
  • 抑制
  • 指導
  • 暴露
  • 書記
  • 書記長
  • 死後
  • 社会
  • 議長
  • 閣僚
  • 集団
  • 首相