誕生日データベース

ピエール・リトバルスキーPierre Littbarski

男子サッカー選手、監督[ドイツ]

1960年 4月16日

ピエール・リトバルスキー - ウィキペディアより引用

ピエール・リトバルスキー(Pierre Littbarski, 1960年4月16日 - )は、ドイツ・西ベルリン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。
1980年代のドイツを代表するドリブラーである。
1981年に西ドイツ代表に選出されると3度のFIFAワールドカップに出場し、優勝1回(1990年のイタリアワールドカップ)、準優勝2回(1982年のスペインワールドカップ、1986年のメキシコワールドカップ)を経験した。
20代後半になってからは代表で控えに回ることが多くなったが、1990年の代表引退までに73試合に出場し18得点を記録した。
ドイツ代表では背番号7がトレードマークであった。
クラブでは選手生活の大半を1.FCケルンで過ごした。
後年には背番号10を付けキャプテンを務め、同クラブの象徴的な存在であった。
Jリーグ初年度の1993年にジェフユナイテッド市原へ移籍し、ブランメル仙台と合わせて日本で4年間プレーした後に現役引退した。
1999年に横浜FC初代監督に就任してチームをJリーグ昇格へと導いた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Pierre Littbarski ドイツ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。愛称は「リティ」。 1960年4月16日ベルリン生まれ。 現役時代のポジションは攻撃的ミッドフィルダー。 1990年FIFAワールドカップの西ドイツ代表優勝メンバー。いまだに「ドイツ(西ドイツ)最高のドリブラー」と一部では称されている。 晩年は日本のJリーグで選手生活を送った。 現役引退後、横浜FC監督、シドニーFC監督を歴任。 2007年、アビスパ福岡監督に就任。2008年、成績不振により解任された。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 指導者
  • 選手
  • 時代
  • サッカー
  • アビスパ福岡
  • クラブ
  • ケルン
  • スタイル
  • プレー
  • プロデビュー
  • 個人
  • 成績
  • 所属
  • 日本
  • 概要
  • 監督
  • 私生活
  • 著書
  • 貢献
  • 関連