生年月日データベース

なぎら健壱なぎらけんいち

タレント[日本]

1952年 4月16日

なぎら 健壱(なぎら けんいち、1952年4月16日 - )は、日本のフォークシンガー、俳優、タレント、漫談家、エッセイスト。
東京都中央区銀座(旧・木挽町)出身。
本名は柳楽 健一(読みは芸名と同じ)。
旧芸名・なぎらけんいち。
血液型はO型。
長男は、ヒップホップユニットのREMのボーカル、eito.08(柳楽詠人=なぎら・えいと=)。
弟子は、中里トシ、田代ともや、プロフェッサー佐藤。
来歴・人物 父は宝石箱をつくる職人をしていた。
中央区銀座東(旧・木挽町)から、小学校3年のときに葛飾区金町に転居、葛飾区立末広小学校卒業、葛飾区立金町中学校卒業、東京都立本所工業高等学校卒業。
専門学校ヴィジアルデザイン研究所で、グラフィックデザインの勉強をする。
高石友也(ともや)に感化され、アングラフォークに目覚める。
後に五つの赤い風船の西岡たかしや、高田渡に影響を受ける。
1970年岐阜県の中津川で行われた全日本フォークジャンボリーにアマチュアとして飛び入り参加し(同年ひがしのひとしも同じく参加している)ライブ盤に収録された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名なぎら健壱 性別男性 生年月日1952/04/16 星座おひつじ座 干支辰年 血液型O 出身地東京都 デビュー年1970 職種タレント・俳優・女優/音楽/話す仕事 趣味・特技カメラ/散歩/自転車/落語/飲酒/がらくた収集 プロフィール1952年、東京銀座に生まれる。以来下町で育つ。高石ともや・西岡たかし・高田渡らに影響を受け、フォークソングに傾倒し、1970年、岐阜の中津川で行われた全日本フォークジャンボリーに飛び入り出演したことをきっかけにデビュー。1972年ファーストアルバム「万年床」をリリース。趣味は多く、カメラ・散歩・自転車・落語・飲酒・がらくた収集、など。現在はコンサート・ライブ活動の他、独特のキャラクターでテレビ・ラジオ・映画・ドラマの出演や、新聞・雑誌等の執筆でも活躍。数多くの著書は、昔の生活を記録した「下町小僧」など下町をテーマにしたものが多く、そのような写真集も出している。下町研究には、驚異の記憶力と鋭い分析力を発揮し、他の追随を許さない。近年は、下町を取り上げた番組や出版物が非常に多い。下町の住人、風物、祭りなどへの愛情は人一倍強い。1977年「嗚呼!花の応援団」で日本映画大賞助演男優賞受賞。2009年、第25回浅草芸能大賞奨励賞受賞。2011年、第11回「詩のボクシング」個人戦優勝。たいとう(東京台東区)観光大使、自転車活用推進研究会理事、犬山市景観審議委員。月刊日本カメラの写真エッセイ「町の残像」、東京スポーツ新聞の毎水曜日にコラム「オヤジの寝言」を連載。音楽のステージでは人間味溢れる自らの作詞・作曲によるオリジナル曲に加え、心に残る忘れてはいけない唄を歌い続 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京都
  • ともや
  • アルバム
  • エッセイスト
  • シングル
  • タレント
  • テレビドラマ
  • トシ
  • パソコン
  • ヒップホップ
  • プロフェッサー
  • 中央区
  • 中里
  • 佐藤
  • 出演
  • 柳楽
  • 漫談
  • 田代
  • 芸名
  • 銀座
  • 長男
  • えいと
  • なぎら
  • なぎらけんいち
  • ボーカル
  • ユニット
  • 健一
  • 出身
  • 弟子
  • 木挽町
  • 本名
  • 詠人