生年月日データベース

小澤俊夫

ドイツ文学者[日本(満州)]

1930年 4月16日 生 (満88歳)

『小沢俊夫』より : 小澤 俊夫(おざわ としお、1930年4月16日 - )は、日本のドイツ文学者、筑波大学名誉教授。
旧満州出身。
小さい頃に火傷を負い、それが原因でいじめを受ける。
ドイツのメルヒェンと呼ばれる口承伝承による昔話の研究が特に専門で、文学研究から民俗学にまたがる分野で幅広い研究を行っている。
1998年に小澤昔ばなし研究所を設立、昔話、メルヒェンの選集を多数出版している。
「子どもの本・九条の会」代表団員を務め、たま九条の会の呼びかけ人でもある。
1956年:東北大学大学院文学研究科修士課程を修了し東北薬科大学(現:東北医科薬科大学)の講師となる。
1963年:日本女子大学助教授となる。
のち教授に昇任。
1981年:筑波大学教授に就任。
1990年:筑波大副学長に就任。
1994年:筑波大を定年退官し、名誉教授、白百合女子大学教授。
2000年:退職。
親族関係 小澤俊夫・牧子夫妻は2男をもうけ、長男はキヤノン勤務の会社員、次男はミュージシャンの小沢健二。

■ 関連書籍

1930年中国長春生まれ。口承文芸学者。指揮者の小澤征爾は弟。ミュージシャン小沢健二は息子。 東北薬科大学を経て、日本女子大学教授、独マールブルク大学客員教授、筑波大学副学長、白百合女子大学教授を歴任。国際口承文芸学会副会長及び日本口承文芸学会会長も務める。 グリム童話の研究から出発し、マックス・リュティの口承文芸理論を日本に紹介。その後、日本の昔話の分析的研究を行い、昔話全般の研究を進めている。 1992年より全国各地で「昔ばなし大学?」を開講、98年には独自の昔話研究と実践、若手研究者の育成を目的として、「小澤昔ばなし研究所」を設立した。また、99年には季刊誌『子どもと昔話』を刊行し、昔話の研究と語りの現場を結びつけることに努めている。 代表的な著作として『昔話の語法』(福音館書店)、『昔話入門』(ぎょうせい)、『グリム童話の誕生』(朝日新聞社)、『グリム童話考』(講談社)、『昔話が語る子どもの姿』(古今社)、『グリム童話を読む』(岩波書店)、『昔話のコスモロジー』(講談社)他。 翻訳書としてマックス・リュティ著『ヨーロッパの昔話 その形式と本質』(岩崎美術社)、同著『昔話 その美学と人間像』(岩波書店)、『完訳 グリム童話』(ぎょうせい)他。 また、昔話資料として『日本昔話通観』全26巻(同朋舎出版)の責任編集にあたり、2005年以後は昔話本来の語り口に基づいた昔話集『子どもに贈る昔話』(昔ばなし研究所)シリーズを刊行している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 出演
  • テレビ
  • メルヒェン
  • ラジオ
  • 伝承
  • 共著
  • 再話
  • 単著
  • 口承
  • 民俗学
  • 満州
  • 火傷
  • 編著
  • 著書
  • 親族
  • 訳書
  • 関係
  • ドイツ
  • 出身
  • 分野
  • 原因
  • 専門
  • 小澤
  • 文学
  • 昔ばなし
  • 昔話
  • 研究所