生年月日データベース

小出義雄こいでよしお

陸上競技監督[日本]

1939年 4月15日

小出義雄 - ウィキペディアより引用

小出 義雄(こいで よしお、1939年4月15日 - )は、陸上競技の元選手。
佐倉アスリート倶楽部代表取締役。
マラソン・中長距離選手の指導者。
千葉県佐倉市出身。
大きなサングラスが特徴。
2001年東京国際女子マラソン9位の小出正子(現姓高橋)は実子。
2001年エドモントン世界選手権マラソン代表の高橋健一は婿。
千葉県立山武農業高等学校卒業後、家業の農業に従事していたが、陸上競技への思い断ち難く、出奔。
苦学の末、22歳で順天堂大学に入学。
箱根駅伝に3年連続出場(1年時の第38回は5区区間10位、2年時の第39回は8区区間3位、3年時の第40回は8区区間5位)。
大学卒業後、千葉県立高校教員として採用される。
千葉県立長生高等学校、千葉県立佐倉高等学校、船橋市立船橋高等学校で教鞭をとり、三井住友海上火災保険陸上競技部前監督・鈴木秀夫や現監督の渡辺重治、順天堂大学陸上競技部駅伝監督の仲村明、インターハイ女子3000m初代王者の河合美香らを育てた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

こいで-よしお 1939-昭和後期-平成時代のマラソン監督。昭和14年4月15日生まれ。順天堂大在学中に箱根駅伝に出場。卒業後,千葉県の長生高などをへて,市立船橋高の保健体育教師。昭和61年同校を高校駅伝で優勝させる。63年リクルート女子マラソン監督になり,有森裕子らをそだてる。平成9年積水化学の女子陸上部監督に就任,世界選手権での鈴木博美,シドニー五輪での高橋尚子らを優勝にみちびいた。千葉県出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • マラソン
  • 概要
  • 選手
  • アスリート
  • エピソード
  • ゲーム
  • サングラス
  • 佐倉
  • 佐倉市
  • 倶楽部
  • 出典
  • 千葉県
  • 国際
  • 女子
  • 小出正子
  • 時代
  • 書籍
  • 東京
  • 現役
  • 育成
  • 著書
  • 記録
  • 関連
  • エドモントン
  • 世界選手権
  • 代表
  • 出身
  • 実子
  • 指導者
  • 現姓
  • 長距離
  • 高橋