生年月日データベース

戸川幸夫とがわゆきお

作家[日本]

1912年 4月15日

2004年 5月1日 死去享年93歳

戸川 幸夫(とがわ ゆきお、1912年4月15日 - 2004年5月1日)は、日本の小説家、児童文学作家。
動物に関する正しい観察、知識を元にして「動物文学」というジャンルを確立させ、椋鳩十と並び称される。
特に、闘犬に関する作品が多い。
それまでは噂のみの存在だったイリオモテヤマネコの標本を確保して今泉吉典にもたらし、新種発見に大きく貢献したことでも知られる。
ルポルタージュ、戦記物語などの作品もある。
漫画原作を手がけたこともある。
生涯 佐賀市に生まれる。
1歳の時に、医師で、またハンターでもあった戸川益勇の養子となる。
幼少から動物好きで、動物学者になることを志し、動物に関する本を耽読した。
父の仕事の都合で東京に移り、私立高千穂中学を卒業。
東北大学古生物学科を目指して、旧制山形高等学校に入学、この頃に独自に山犬について調査、その後健康を害して中退。
1937年に東京日日新聞(現・毎日新聞)に入社し社会部記者となり、中国特派員、海軍報道班員として各地に従軍する。
報道班員当時、大西瀧治郎に「特攻によって日本はアメリカに勝てるのですか」と問うと「勝てないまでも負けないということだ」という返答があったというエピソードがある。

■ 映像作品

■ 関連書籍

とがわゆきお [生]1912.4.15.佐賀[没]2004.5.1.東京作家。日本の動物文学の草分け。幼い頃から動物に興味をもち,動物学者を志して山形高校理科に入学したが,健康上の理由から中退。1937年に東京日日新聞に入社し,1955年まで記者生活を送る。1954年,知人の小説家長谷川伸の勧めで書いた小説『高安犬物語』で直木賞を受賞し,作家生活に入る。その後も野生動物の生態や,動物と人間のかかわりなどを描いた作品を多く発表し,動物文学の第一人者となる。子供向けの読み物も多く手がけ,1962年『子どものための動物物語』(全15巻)でサンケイ児童出版賞を受賞。1965年には絶滅したと思われていたイリオモテヤマネコを発見し,その経緯を『イリオモテヤマネコ』(1972)に著した。ほかにも,時代小説やユーモア小説,ルポルタージュ,ノンフィクション,伝記,戦記物語など幅広く執筆。おもな著作に『咬ませ犬』(1956),『山の動物たち』(1956),『オーロラの下で』(1975),『牙王物語』(1976),『けものみち』(1982),『人喰鉄道』(1982),『王者のとりで』(1984),『人間提督山本五十六』(1993),『戸川幸夫動物文学全集』(1976~77)などがある。また,日本動物愛護協会理事や世界野生生物基金委員などを務め,動物の保護・愛護活動にも尽力した。1980年紫綬褒章,1986年勲三等瑞宝章を受章。1985年児童文化功労者。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 文学
  • 動物
  • イリオモテヤマネコ
  • ルポルタージュ
  • 今泉吉典
  • 佐賀市
  • 作品
  • 作家
  • 児童
  • 全集
  • 共著
  • 椋鳩十
  • 福岡県
  • 翻訳
  • 著書
  • 論文
  • 関連
  • 闘犬
  • それまで
  • ハンター
  • 医師
  • 原作
  • 戦記
  • 戸川
  • 新種
  • 日本
  • 標本
  • 漫画
  • 物語
  • 発見
  • 知識
  • 確立
  • 第一人者
  • 観察
  • 貢献
  • 養子