誕生日データベース

小池千枝こいけちえ

ファッションデザイナー[日本]

1916年 4月14日

2014年 5月28日 死去享年99歳

小池 千枝(こいけ ちえ、1916年4月14日 - 2014年5月28日)は、日本のファッションデザイナー。
文化服装学院名誉学院長。
長野県須坂市出身。
1933年、須坂高等女学校卒業後、文化裁縫女学校(現、文化服装学院)に入学し、卒業後、同学院の助手となる。
1940年、商社勤務の男性と結婚し北京へ転勤となるが、1944年には2人の娘を連れて帰国。
1945年、夫が沖縄で戦死。
1945年、文化服装学院に復帰し、1951年デザイン科を新設し初代デザイン科長に就任。
1954年、38歳のとき母親に娘2人を預けて単身渡仏、南回りの船で1ヶ月かかってパリに留学した。
パリ・クチュール組合学校「サンディカ」で学ぶ。
クラスメイトにイヴ・サン=ローランが、隣のクラスには、カール・ラガーフェルドがいた。
フランスではオートクチュールの立体裁断に衝撃を受ける。
1年後、無一文でフランス製の人台(ボディー、トルソー)1つだけ抱えて船で帰国。
帰国後は、日本人に合う立体裁断用の人台(ボディー、トルソー)を開発し、また1957年から文化服装学院として男子学生の入学を開始するなど、ファッション業界の発展に貢献する。

■ 関連書籍

元文化服装学院学院長、文化学園大学名誉教授。1916年、長野県生まれ。文化裁縫女学校(現・文化服装学院)卒業後、同校の教員となり、51年にデザイン科を創設。54年にフランス・パリに留学し、帰国後は持ち帰った立体裁断による服作りの技術を日本に広めた。また、同校で再び教鞭を取り、山本耀司、高田賢三、コシノヒロコ・ジュンコ姉妹など国際的なデザイナーを数多く育て上げた。83年から91年までは同校の学院長を務め、その後も長きにわたり日本のファッション業界の発展に尽力。その功績が認められ、93年に勲四等瑞宝章(現・瑞宝小綬章)を受章した。2014年5月28日死去。享年98。 (2014-6-4) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文化服装学院
  • オートクチュール
  • サン
  • パリ
  • フランス
  • 長野県
  • イヴ
  • カール
  • デザイン科
  • ラガーフェルド
  • ローラン
  • 北京
  • 卒業
  • 女学校
  • 学校
  • 学院
  • 著書
  • 須坂
  • 須坂市
  • 高等
  • とき
  • イナー
  • クチュール
  • クラス
  • クラスメイト
  • ディカ
  • 入学
  • 出身
  • 初代
  • 助手
  • 勤務
  • 南回り
  • 単身
  • 名誉
  • 商社
  • 就任
  • 帰国
  • 復帰
  • 戦死
  • 文化
  • 新設
  • 母親
  • 沖縄
  • 沖縄県
  • 渡仏
  • 無一文
  • 男性
  • 留学
  • 立体
  • 組合
  • 結婚
  • 衝撃
  • 裁断
  • 裁縫
  • 転勤