誕生日データベース

関塚隆せきづかたかし

男子サッカー選手、監督[日本]

1960年 10月26日

関塚 隆(せきづか たかし、1960年10月26日 - )は、千葉県船橋市出身の元サッカー選手、指導者。
JFA 公認S級コーチ。
現役時代のポジションはフォワード。
千葉県立八千代高等学校から1年の浪人期間を経て一般入試で早稲田大学教育学部に進学。
当時の早大蹴球部には3学年先輩に原博実がおり、また吉田靖、城福浩らともチームメイトだった。
卒業後、日本サッカーリーグ1部に昇格したばかりの本田技研工業(現Honda FC)に進み、チーム隆盛の礎を築いた。
自身は1年目の1984年シーズンに得点ランキング2位となり、新人王とベストイレブンのタイトルを獲得している。
1991年に現役を引退し、指導者へと転身。
母校の早大ア式蹴球部監督を経て、1993年に鹿島アントラーズにコーチとして招かれ、そこで大学時代および本田技研時代の恩師である宮本征勝の薫陶を受けた。
その後1995年に宮本の清水エスパルス監督就任に伴い清水に籍を移すが、翌年鹿島に復帰。
ジーコ、ジョアン・カルロス、ゼ・マリオ、トニーニョ・セレーゾといったブラジル人指導者の下で「勝者のメンタリティー」を学んだ。

■ 関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。 1960年10月26日生まれ、千葉県船橋市出身。 千葉県立八千代高等学校から早稲田大学を経て、1984年本田技研工業に入社。 現役引退後、1991年に母校である早稲田大学の監督就任。 1993年、恩師の故・宮本征勝監督に招かれ鹿島アントラーズのコーチに就任。 1995年、清水エスパルスのコーチに就任。 1996年、鹿島アントラーズのコーチに復帰。 2004年、川崎フロンターレの監督に就任。チームをJ1昇格に導いた。 2008年4月、不整脈など健康不安を理由に監督を辞任。ヘッドコーチの高畠勉が監督を引き継いだ。 2009年、再び川崎フロンターレの監督に復帰。Jリーグ2位、ヤマザキナビスコカップ準優勝と惜しくもタイトル獲得はならず、その責任を取って辞任した。後任の監督は高畠勉。 2010年、ロンドンオリンピックを目指すU-21日本代表監督に就任。同年のアジア競技大会では初優勝を果たした。アジア予選を突破してロンドンオリンピックに出場。2012年ロンドンオリンピックでは、U-23日本代表を44年ぶりのベスト4に導くも、メダル獲得は逃した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 成績
  • サッカー
  • 早稲田大学
  • エピソード
  • クラブ
  • コーチ
  • フォワード
  • リーグ
  • 個人
  • 八千代
  • 公認
  • 千葉
  • 原博実
  • 吉田靖
  • 城福浩
  • 学校
  • 学部
  • 所属
  • 指導
  • 教育
  • 日本
  • 監督
  • 県立
  • 関連
  • 高等
  • ア式蹴球
  • チーム
  • ポジション
  • メイト
  • 一般
  • 先輩
  • 入試
  • 卒業
  • 学年
  • 当時
  • 早大
  • 昇格
  • 時代
  • 期間
  • 本田技研工業
  • 浪人
  • 現役
  • 蹴球
  • 進学