誕生日データベース

大藤敏行おおふじとしゆき

中京大中京高校野球部監督[日本]

大藤 敏行(おおふじ としゆき、1962年4月13日 - )は、日本の高校野球指導者。
愛知県常滑市出身。
前中京大学附属中京高等学校監督で現在は同校の顧問。
中京高校時代は2年生の時に第61回全国高校野球選手権大会に三塁手として出場し、3回戦まで進出。
3回戦は徳島県の池田高校に敗れたが、この次の試合として行われたのが後に有名となる箕島対星稜延長18回の試合だった。
卒業後は中京大学へ進学。
卒業後は静清工業高校のコーチを5年間務め、 1990年8月から母校の中京高校監督に28歳で就任。
1997年の第69回選抜高校野球大会に監督として初めて甲子園に出場し、決勝まで進出して準優勝。
校名が中京大中京高校に変わって初の甲子園でもあった。
2000年には第82回全国高校野球選手権大会で選手時代以来の夏の甲子園へ出場した。
2009年の第91回全国高校野球選手権大会で決勝まで進出し、決勝で新潟県の日本文理高校を10-9で破り、同校の43年ぶり7度目となる優勝へ導いた。

「大藤敏行」と関連する人物

稲葉篤紀 嶋基宏 清宮幸太郎 堂林翔太
連想語句
高校学校高等野球中京大学中京全国出場卒業大会常滑市延長徳島県愛知県教え子星稜池田監督箕島試合選手権関連附属中静清おおふじとしゆきコーチベストナインリーグ戦三塁手出身受賞同校大藤工業徳島愛知大学打率指導者敏行日本時代有名母校現在県立通算進出進学顧問

↑ PAGE TOP