誕生日データベース

ジュリウス・ニエレレJulius Kambarage Nyerere

政治家大統領[タンザニア]

1922年 4月13日

1999年 10月14日 死去享年78歳
ジュリウス・ニエレレ - ウィキペディアより引用
ジュリウス・カンバラゲ・ニエレレ(Julius Kambarage Nyerere, 1922年7月19日-1999年10月14日)は、タンガニーカ及びタンザニアの政治家であり、同国の初代大統領。
タンガニーカの少数民族、ザナキ族の首長の家系に生まれる。
現ウガンダのマケレレ大学卒業、エディンバラ大学修士取得。
スワヒリ語でBaba wa Tafia(国家の父)と呼ばれている。
カトリック教徒。
前半生 ビクトリア湖岸にて生まれ、国内での中等教育を経て、ウガンダのマケレレ大学卒業の後、教師として勤め、1949年-1952年にイギリスのエディンバラ大学大学院に留学し、歴史学と経済学を学んだ。
政治家へ 帰国後再び教職に戻ったが、同時に政治活動を開始。
1954年にはタンガニーカ・アフリカ民族同盟(TANU)の創設者の1人となり党首に就任する。
ニエレレは社会的平等、民族間の平和維持、タンガニーカの独立を掲げ政治活動を行い、その支持は全土へと急速に広まった。
1960年の選挙でTANUが圧勝すると、ニエレレは植民地政府首相となり事実上政権を担う。
連想語句
  • 大学
  • 大統領
  • 政治家
  • 初代
  • ウガンダ
  • エディンバラ
  • ザナキ
  • スワヒリ語
  • タンザニア
  • ニエレレ
  • マケレレ
  • 出典
  • 前半生
  • 国家
  • 引退
  • 註釈
  • 評価
  • 関連
  • カトリック
  • カトリック教徒
  • タンガニーカ
  • 修士
  • 卒業
  • 同国
  • 家系
  • 少数民族
  • 教会
  • 首長