誕生日データベース

エレナ・ドキッチJelena Dokic

プロテニス選手[ユーゴ→オーストラリア]

1983年 4月12日

エレナ・ドキッチ(Jelena Dokić, セルビア語: Јелена Докић , 1983年4月12日 - )は、ユーゴスラビア・オシエク(現クロアチア領)出身のオーストラリアの女子プロテニス選手。
プロデビュー当時はオーストラリア国籍で活動していた為、英語読みの「エレナ・ドキック」と呼ばれていたが、1999年ウィンブルドンの大会期間中から、自分がユーゴスラビアで生まれた時の発音で呼んでほしいという本人の希望により「ドキッチ」と呼ばれるようになった。
WTAツアーでシングルス6勝、ダブルス4勝を挙げ、2001年の全仏オープン女子ダブルス準優勝の経歴も持つ。
自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス10位。
一方、父親ダミルの度重なる奇行、後述する国籍変更問題など、コート内外でトラブルの多い選手でもある。
故国ユーゴスラビアの先輩モニカ・セレシュに憧れて7歳からテニスを始め、11歳の時に内戦を逃れてオーストラリアに移住した。
連想語句
シングルスダブルスオーストラリアツアーテニス大会女子ウィンブルドンオシエクオープンクロアチアユーゴスラビア全仏国籍成績決勝結果進出選手エレナコートダミルトラブルドキックドキッチプロプロデビューランキング先輩内外出身協会問題変更奇行希望当時後述故国最高期間本人活動準優勝父親発音自分自己英語選手権

↑ PAGE TOP