生年月日データベース

清家篤せいけあつし

経済学者[日本]

1954年 4月11日 生 (満64歳)

清家 篤(せいけ あつし、1954年(昭和29年)4月11日 - )は、日本の経済学者(慶應義塾大学博士(商学))。
第18代慶應義塾長(慶應義塾理事長 兼 慶應義塾大学長(2009年 - ) )。
慶應義塾大学商学部教授 兼 商学研究科委員。
専門は労働経済学。
内閣府経済社会総合研究所名誉所長。
東京都生まれ。
父は現代建築家で東京工業大学名誉教授・東京芸術大学名誉教授の清家清。
祖父は機械工学者で旧制都立工業専門学校の初代校長・東京都立大学工学部長などを務めた清家正。
祖父は本多庸一と親交がある。
実家はクリスチャンの家系であることからミッションスクールの青山学院中等部・高等部へ通う。
慶應義塾大学へ進学し労働経済学に出会う。
経済学者として労働市場の研究、特に高齢者の就業問題と社会保障問題について研究している。
内閣府有識者会議座長・委員長、東日本大震災復興構想会議委員を歴任。
政策に対する姿勢としては高齢者を優遇する傾向にあり、清家が推進した65歳までの雇用義務化については「男性高齢正社員への偏った利益誘導だ」として城繁幸らに批判されている。

■ 関連書籍

せいけ-あつし 1954-昭和後期-平成時代の経済学者。昭和29年4月11日生まれ。平成4年慶大教授。専門は労働経済学。17年「高齢者就業の経済学」(山田篤裕との共著)で日経・経済図書文化賞。19年慶大商学部長,21年慶応義塾長。国民生活審議会委員,労働政策審議会委員などをつとめる。父は建築家の清家清,祖父は機械工学者の清家正。東京都出身。慶大卒。著作はほかに「高齢者の労働経済学」「高齢化社会の労働市場」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 名誉教授
  • 法人
  • 財団
  • エピソード
  • 一橋大学
  • 一般
  • 事業
  • 公職
  • 共済
  • 受賞歴
  • 学校
  • 学歴
  • 建築家
  • 慶應義塾大学
  • 振興
  • 日本
  • 東京工業大学
  • 東京芸術大学
  • 東京都
  • 清家清
  • 私立
  • 職歴
  • 著作
  • 関連
  • 出身
  • 協議会
  • 国立
  • 大学
  • 委員
  • 学習
  • 客員
  • 慶應義塾
  • 教授
  • 現代
  • 理事
  • 生涯
  • 祖父
  • 経営
  • 評議員
  • 開発