誕生日データベース

白取春彦しらとりはるひこ

作家[日本]

1954年 4月11日

白取 春彦(しらとり はるひこ、1954年4月11日- )は日本の評論家、翻訳家。
青森県青森市生まれ。
小さい頃から本が好きで、高校まで遠藤周作、北杜夫、ゲーテ、トーマス・マン、ダンテ、ドストエフスキーなど、あらゆる文学作品を読む。
特にニーチェと三島由紀夫に感銘を受け、彼らの「ロマンチックでナルシスト」な部分に興味を抱く。
獨協大学外国語学部ドイツ語学科に進学。
卒業後1979年ベルリン自由大学に留学、哲学・宗教・文学を学び、1985年に帰国。
以降、宗教と哲学に関する入門書、解説書の執筆を手掛ける。
主な著書に、2012年にミリオンセラーとなった『超訳ニーチェの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『仏教「超」入門』(PHP文庫)ほか多数。
「本当に人生に必要な言葉とは真水の言葉」、「目に見えない、形のないものを伝える、いわば哲学とは芸術」など、詩的で明快な表現に定評がある。
現在は週に1回、青森市内の大学で哲学「人間と倫理」の講義を担当している。
著書 『ナイショナイショ 看護婦のとっておきの話』サンマーク出版 1992 のち文庫 『愛をみつける アリストテレスの恋愛論』サンマーク出版 1993 『知恵くらべウソ発見器 このトリックと罠が見抜けるか?』ベストセラーズ ワニ文庫 1993 『暮らしに役立つ算数の本 長さ・高さ・速さ・重さを一瞬に見抜く!』ベストセラーズ ワニ文庫 1994 『「知」の生産術 ビジネス版サンダーボール作戦 反常識の情報収集・整理・発想法』二期出版 1995 『日本列島危険地図 物質文明が抱えるもう一つの現実』二期出版 1995 『愛は愛をも超えて ニーチェの恋愛論』サンマーク出版 1996 『暮らしに役立つ算数の本 パート2』ベストセラーズ ワニ文庫 1996 『この一冊で「哲学」がわかる!』三笠書房知的生 ……

■ 関連書籍

1954年、青森市生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、ベルリン自由大学に留学。帰国後は文筆業に従事。おもに哲学・宗教に関する入門書を三笠書房、PHP研究所、ディスカヴァー・トゥエンティワン等から刊行している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 著書
  • ゲーテ
  • ダンテ
  • トーマス
  • ドストエフスキー
  • ニーチェ
  • ベルリン
  • マン
  • マンガ
  • 三島由紀夫
  • 共著
  • 北杜夫
  • 原作
  • 哲学
  • 大学
  • 宗教
  • 文学
  • 獨協大学
  • 自由
  • 遠藤周作
  • ドイツ
  • ナルシスト
  • フォン
  • ヨハン
  • ロマンチック
  • ヴォルフガング
  • 以降
  • 作品
  • 入門書
  • 卒業
  • 執筆
  • 外国語
  • 学部
  • 帰国
  • 彼ら
  • 感銘
  • 森市
  • 留学
  • 興味
  • 解説書
  • 語学科
  • 進学
  • 部分
  • 青森市
  • 高校