誕生日データベース

アンドリュー・ワイルズAndrew John Wiles

数学者[イギリス→アメリカ]

1953年 4月11日

アンドリュー・ワイルズ - ウィキペディアより引用
アンドリュー・ワイルズ(Andrew John Wiles, 1953年4月11日 - )は、イギリスの数学者。
オックスフォード大学教授(整数論)。
「フェルマーの最終定理」を証明したことで知られる。
10歳のときにフェルマーの最終定理に出会い数学の道を進む。
ケンブリッジ大学卒業。
大学院でジョン・コーツの指導のもと、岩澤理論と楕円曲線論の研究、博士号を取得した。
業績に岩澤(健吉)主予想の解決(バリー・メイザーとの共同研究)やバーチ・スウィンナートン=ダイアー予想に関する貢献(コーツとの共同研究)などがある。
1989年王立協会フェロー選出。
プリンストン大学教授を経て、2011年から現職。
フェルマー予想の証明 上記のような業績により数論における優れた研究者としてすでに著名だったが、1993年6月23日、谷山・志村予想を半安定な場合について解決したと突如発表し、その系として「フェルマーの最終定理」を証明したと宣言した。
連想語句
  • フェルマー
  • 予想
  • 証明
  • 大学
  • 定理
  • 最終
  • 岩澤
  • ケンブリッジ
  • コーツ
  • ジョン
  • バリー
  • メイザー
  • ワイルズ
  • 受賞歴
  • 指導者
  • 教授
  • 整数
  • 曲線
  • 楕円
  • 理論
  • 論文
  • 関連
  • とき
  • もと
  • オックスフォード
  • クス
  • フォード
  • 健吉
  • 共同
  • 卒業
  • 博士号
  • 大学院
  • 岩澤健吉
  • 指導
  • 数学
  • 業績
  • 解決