生年月日データベース

中西太なかにしふとし

プロ野球選手、監督[日本]

1933年 4月11日

中西太 - ウィキペディアより引用

中西 太(なかにし ふとし、1933年4月11日 - )は、香川県高松市出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
現役時代は数多くの伝説を残す強打者であり、現役引退後は数多くの打者を育て上げた名コーチとして知られる。
プロ入り前 高松一高時代は本塁打を量産し、「怪童」といわれていた。
甲子園には1949年春・1949年夏・1951年夏の三度出場し、ベスト4に2回進出。
2回とも優勝校に惜敗した。
1951年夏は岡山東戦で秋山登(後に大洋)から本塁打を打つなど、計2本塁打6打点を記録。
国体にも出場した後、高校卒業後の進路について飛田穂洲より早稲田大学進学を勧められ、見学のために上京。
このとき香川出身の先輩である西鉄ライオンズの三原脩監督と出会った。
貧しかった中西の早大進学の費用を西鉄が出す変わりに卒業したら西鉄に来るように約束をさせた。
しかし、毎日オリオンズ監督の若林忠志が毎日新聞高松支局長を伴って中西の兄を抱き込み、契約寸前までいっているとの連絡が入り、三原はすぐさま自分の足で中西の家に向かった。

■ 関連書籍

プロ野球、西鉄ライオンズの選手、監督。 通称「怪童」。 右投右打、ポジションは三塁手。背番号は6番。 1933年4月1日生まれ。香川県出身。 高松一高から1952年、西鉄ライオンズに入団。 最強と呼ばれた西鉄ライオンズの主軸を担った強打者。 大下弘、稲尾和久、豊田泰光らと共にチームを支え、黄金時代を形成。 バットスイングによる腱鞘炎で全盛期は短かったが、戦後野球界「最強打者」の一人として活躍。 1959年にはトリプルスリーを達成。 1961年、29歳で選手兼任監督となる。1963年、パ・リーグ優勝。 1969年、現役を引退。背番号6は永久欠番*1となる。 1970年、岳父である三原脩に招聘され、ヤクルトアトムズのヘッドコーチに就任する。 1974年、三原脩と共に日本ハム・ファイターズに移り、監督に就任する。 1981年、阪神タイガースで監督を務めるも、成績が振るわなかった。 1985年、近鉄バファローズのヘッドコーチに就任。仰木彬監督と二人三脚でチームを作り上げ、リーグ優勝、バファローズを強豪チームにのし上げた*2。 1994年、千葉ロッテマリーンズのヘッドコーチに就任。 同年8月、八木沢荘六監督の休養に伴い、シーズン終了まで代理監督を務める。 1995年、仰木彬に招聘されオリックス・ブルーウェーブのヘッドコーチに就任。リーグ優勝、日本一に導く。 1997年、病気の為に退団。 1999年、野球殿堂入り。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • 現役
  • コーチ
  • 引退
  • 打撃
  • 時代
  • スタイル
  • トピック
  • プレー
  • プロ
  • 内野手
  • 守備
  • 指導者
  • 監督
  • 解説者
  • 記録
  • 評論家
  • 詳細
  • 走塁
  • 選手
  • 野球
  • 香川県
  • 高松市
  • なか
  • 中西
  • 伝説
  • 出身
  • 年度
  • 強打者
  • 成績
  • 打者