生年月日データベース

池上遼一いけがみりょういち

漫画[日本]

1944年 5月29日

池上 遼一(いけがみ りょういち、男性、1944年5月29日 - )は、日本の漫画家。
大阪芸術大学キャラクター造形学科教授を務めており、劇画家と紹介される事もある。
福井県越前市(旧・武生市)出身。
小学生の頃から貸本漫画に慣れ親しむ。
中学卒業後、大阪に来阪し看板屋の仕事をしながら漫画を描き始める。
1962年、漫画短編誌『魔像』(日の丸文庫)に掲載された「魔剣小太刀」で貸本漫画家デビュー。
岩井しげおらのアシスタントをしながら漫画を描くが生活苦で断念、看板屋の仕事に戻る。
1966年、投稿した読切作品「罪の意識」が『ガロ』に掲載され、これを読んだ水木しげるが青林堂の長井勝一にスカウトを依頼。
水木のアシスタントになるべく上京する。
一年半ほど水木のアシスタントとして働いた後メジャーデビューし、以降、劇画漫画の第一線で活躍中。
代表作に『男組』など。
貸本時代や『ガロ』に寄稿していた頃はオリジナル作品を描いていたが、メジャーデビュー後は作品のほとんどが原作者付きである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

華麗な線と動かない絵が魅力の漫画家。原作付きでヒット作多数。 1944年福井県出身。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 漫画
  • アシスタント
  • 作品
  • しげお
  • ガロ
  • リスト
  • 仕事
  • 劇画
  • 岩井
  • 掲載
  • 文庫
  • 日の丸
  • 武生市
  • 水木しげる
  • 画集
  • 看板
  • 福井県
  • 貸本
  • 越前市
  • 長井勝一
  • 青林堂
  • これ
  • スカウト
  • デビュー
  • 中学
  • 依頼
  • 出身
  • 卒業
  • 大阪
  • 小太刀
  • 小学生
  • 意識
  • 投稿
  • 断念
  • 水木
  • 漫画家
  • 生活苦
  • 看板屋
  • 短編
  • 紹介
  • 読切
  • 雑誌
  • 魔剣