誕生日データベース

宮城ナナみやぎなな

プロテニス選手[アメリカ]

1971年 4月10日

宮城 ナナ(みやぎ なな, 1971年4月10日 - )は、日本の女子プロテニス選手。
アメリカ・ワシントン州シアトルに生まれる。
父親はカナダ系アメリカ人で、沖縄の軍事基地に勤務している。
長年にわたり、ダブルスの名手として活躍してきた。
WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで10勝を挙げる。
自己最高ランキングはシングルス51位、ダブルス12位。
フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ち。
チームスカンジナビア所属。
結婚後は選手登録名を「ナナ・スミス」(Nana Smith)と変更した。
宮城ナナは父親の仕事の関係で、13歳の時に沖縄へ引っ越した。
1988年3月にプロ入りし、すぐにダブルスの名手として才能を発揮し始める。
1990年から4大大会の女子ダブルスに挑戦を開始。
同年8月末にアメリカ・ニューヨークで開かれた「OTBオープン」で、ツアー大会の女子ダブルスに初優勝を飾る。
それ以来、いろいろなパートナーとペアを組んで、息の長い活躍を続けてきた。
ダブルスに強いことから、長年にわたり女子テニス国別対抗戦・フェドカップの日本代表選手として不可欠な戦力でもあり、1989年から2000年までその位置にあった。
連想語句
ダブルス女子テニスアメリカインドネシアカップシアトルシングルスストロークツアーニューヨークバスキフェドヤユクワシントン州名手大会沖縄沖縄県活躍父親選手長年いろいろアメリカ人オープンカナダグランドスラムスカンジナビアスミスチームナナバックハンドパートナーフォアハンドプロペアランキング不可欠仕事代表位置優勝初優勝勤務協会合衆国同年国別基地変更宮城対抗戦力所属手打ち才能挑戦日本最高発揮登録結婚自己軍事開始開花関係

↑ PAGE TOP