生年月日データベース

さだまさし

歌手作家[日本]

1952年 4月10日

さだ まさし(本名:佐田 雅志(読みは同じ)、1952年4月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、タレント、小説家。
ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。
身長は165cm。
血液型はA型。
既婚。
フォークデュオのグレープでメジャーデビュー。
「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになった。
ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」など、数々のヒット曲を生み出す。
2013年7月19日現在、日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手でもあり、回数は実に4000回を越えている。
トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートのMCにて大きな魅力とされている。
小説家としても活動し、『解夏』『眉山』などの作品を発表している。
國學院高等学校卒業、國學院大學法学部中退。
趣味はゴルフ。
1983年に結婚し、一男一女の父である。
弟はさだ企画社長で「日本人初のプロサッカー選手」の佐田繁理。
妹は歌手の佐田玲子。
長男はユニット「TSUKEMEN」のメンバーとして2010年にメジャーデビューしたヴァイオリニスト・TAIRIKUこと佐田大陸。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

叙情派のフォーク歌手。元グレープ。 広いおでこに丸メガネが印象的。前歯は3本ある。 作詩作曲を自らこなし、美しいメロディに人間の業にえぐり込むような歌詞を乗せ、時に優しく、時に哀しく、歌い上げる。 特に「物語ソング」と言われる、さだ独特の歌詩の多い、ドラマ的な歌も特徴。 ライブの間のトークが名物。「父さんとポチ」、「ジョーズ2」、「砂の祭典」などのネタがある。 寺社仏閣に歌舞音曲を奉納する、本当の意味での「芸能人」(法隆寺、薬師寺など)。 歌から受ける印象は「暗い」。しかし、性格はとても明るい。 本人も自ら「『TOTO=便器』パッと思いつくでしょ。これと同じで『さだ=暗い』って思うでしょ。こういう銘柄が出来上がったというのはありがたい」と話している。 昔、中島みゆきから、谷村新司・松山千春と共にアデランスブラザーズと呼ばれていた時期があった。 2013年4月5日の北海道日本ハムファイターズ本拠地開幕戦では、さだまさしがファイターズのユニフォームを着て、オープニングセレモニーで「北の国から」を来場者と熱唱。2012年にファイターズが優勝した場合には、ドームで北の国からを歌うと言う栗山英樹監督との約束を果たした。このエピソードから、当日栗山監督と同じ背番号の80番をつけていたと言う。国歌斉唱でも自慢の歌声を披露し、観客を大いに沸かせた。 レギュラー番組として『今夜も生でさだまさし』『年の初めはさだまさし』(NHK)のキャスターを務める。 本名:佐田雅志 生年月日:1952年4月10日 出身地:長崎県長崎市3歳よりヴァイオリンを習い始 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 小説家
  • アーティスト
  • グレープ
  • コンサート
  • シンガー
  • スポーツ
  • ソロ
  • ソング
  • タレント
  • デビュー
  • メロディー
  • ライター
  • 傾向
  • 噺家
  • 影響
  • 応援
  • 持論
  • 概要
  • 歌手
  • 活動
  • 活発
  • 経営
  • 転向
  • 飲食店
  • スタッフ
  • ファン
  • 愛称
  • 既婚