誕生日データベース

矢代静一やしろせいいち

脚本家[日本]

1927年 4月10日

1998年 1月11日 死去享年72歳

矢代 静一(やしろ せいいち、1927年(昭和2年)4月10日 - 1998年(平成10年)1月11日)は、日本の劇作家、脚本家。
来歴・人物 東京銀座にて、銀座ヨシノヤの創業者一族の3代目として生まれる。
日比谷幼稚園・泰明小学校・東京府立第五中学校から第二早稲田高等学院を経て早稲田大学文学部仏文科へ進学するも、1944年(昭和19年)に診断書を偽造して大学を休学し、俳優座に参加する。
『父帰る』(菊池寛原作)などで主役を張ったが、早期に製作者へ転向した。
1950年(昭和25年)に文学座へと移り、同世代の三島由紀夫と親交を深める。
この間、1950年12月から1952年4月まで結核で入院し、肋骨を7本切除する。
1963年(昭和38年)、文学座が三島作による戯曲『喜びの琴』の上演中止を決定したことで、三島と共に文学座を退座する(喜びの琴事件)。
グループNLT結成に参加するが、その後は三島らと離れ、フリーで新劇団などに『写楽考』『北斎漫画』などの戯曲を書き下ろす。

■ 映像作品

■ 関連書籍

やしろせいいち [生]1927.4.10.東京[没]1998.1.11.東京劇作家。幼少より映画・演劇に親しみ,早稲田大学仏文科在学中にモリエールを中心にフランス演劇へと関心を広げた。1946年から俳優座,50年から文学座文芸部員。J.ジロドゥ,J.アヌイの影響を受けた『城館(しろ)』(1954)や,民話を素材とした『絵姿女房』(55)で岸田国士に認められる。63年に退座して,翌年三島由紀夫らと劇団NLTの結成に参加。67年退団。神と信仰の問題に取組んだ『夜明けに消えた』(68)の翌年カトリックに入信した。代表作はほかに『写楽考』(71),『北斎漫画』(73),『淫乱斎英泉』(75)の浮世絵師三部作(78年芸術選奨文部大臣賞受賞)など。90年紫綬褒章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 銀座
  • 学院
  • 早稲田大学
  • 高等
  • ヨシノヤ
  • 中学校
  • 仏文科
  • 劇作家
  • 小学校
  • 府立
  • 戯曲
  • 文学部
  • 日本
  • 早稲田
  • 泰明
  • 翻訳
  • 脚本家
  • 著書
  • 診断書
  • 一族
  • 中央
  • 中学部
  • 会員
  • 偽造
  • 創業者
  • 区立
  • 卒業
  • 協会
  • 在学
  • 幼稚
  • 日本文芸家協会
  • 日比谷
  • 昭和
  • 演出家
  • 演劇