生年月日データベース

ロバート・ウッドワードRobert Burns Woodward

化学者[アメリカ]

1917年 4月10日

1979年 7月8日 死去享年63歳
ロバート・ウッドワード - ウィキペディアより引用

『』より : ロバート・バーンズ・ウッドワード(Robert Burns Woodward, 1917年4月10日 – 1979年7月8日)はアメリカ合衆国の有機化学者。
「20世紀最大の有機化学者」と評価されている。
マサチューセッツ州ボストンのアーサー・ウッドワード(イングランド系移民)とマーガレット(旧姓バーンズ、スコットランド・グラスゴー出身)の間に生まれた。
早くから化学に関心を持ち、1933年にマサチューセッツ工科大学 (MIT) に入学したが勉強不足で翌年放校処分となった。
しかし1935年に再度入学を認められ、1936年学士号を取得、さらに翌年には博士号を授与された。
その後主にハーバード大学で研究を行った。
1942年からキニーネの全合成に取り組み始め、1944年にウィリアム・デーリングと共に完成させた。
この際に用いた「余分な環を作ることにより立体化学を制御する」という手法は、以降天然物全合成における標準的手法となった。
天然物の合成研究(抗生物質やキニーネ、コレステロール、コルチゾン、ストリキニーネ、リゼルグ酸、レセルピン、クロロフィル、コルヒチン、ビタミンB12の全合成)により、1965年にノーベル化学賞を授与された。

連想語句
  • 化学
  • キニーネ
  • 合成
  • 大学
  • 天然物
  • イングランド
  • ウィリアム
  • グラスゴー
  • コレステロール
  • スコットランド
  • デー
  • ハーバード
  • ボストン
  • マサチューセッツ
  • マサチューセッツ州
  • リング
  • 入学
  • 化学者
  • 博士号
  • 学士
  • 工科
  • 手法
  • 抗生物質
  • 有機
  • 立体
  • 翌年
  • アーサー
  • ウッドワード
  • バーンズ
  • マーガレット
  • 以降
  • 余分
  • 再度
  • 処分
  • 出身
  • 制御
  • 勉強
  • 完成
  • 後主
  • 授与
  • 放校
  • 旧姓
  • 早く
  • 最大
  • 移民
  • 評価
  • 関心