生年月日データベース

堤義明つつみよしあき

コクド・西武鉄道元社長会長[日本]

1934年 5月29日 生 (満84歳)

堤義明 - ウィキペディアより引用

堤 義明(つつみ よしあき、1934年(昭和9年)5月29日 - )は、日本の実業家。
西武鉄道グループの元オーナー。
父は西武グループの基礎を一代で築き上げた堤康次郎であり、兄は元西武百貨店会長・小説家の堤清二(辻井喬)。
フォーブス誌で一時は総資産額で世界一となったこともあるが、西武グループの度重なる不祥事の責任を取って一線を退き、その後にインサイダー取引疑惑で有罪判決を受けた。
生い立ち 東京に実業家の堤康次郎と内縁関係にある石塚恒子の間に生まれる(未入籍)。
母恒子は新潟県出身の歯科医師で衆議院議員をつとめた石塚三郎の娘。
麻布中学・麻布高校卒業後、早稲田大学第一商学部に入学。
早稲田大学観光学会というサークルを立ち上げる。
なお、元西武鉄道社長(兼西武ライオンズオーナー代行)戸田博之・元プリンスホテル社長(兼西武ライオンズオーナー代行)山口弘毅(ひろよし)・元西武ライオンズ社長小野賢二も、同サークルの二年下の後輩であり、元コクド社長三上豊(みのる)は早稲田大学空手部に所属、義明が学生時代から手掛けていたリゾート事業地の警備の手伝いをしていた。

■ 関連書籍

コクド前会長。 2004年10月13日付けで、グループ企業の全役職からの辞任。 同年まで西武ライオンズオーナー。 2005年3月3日、証券取引法違反で逮捕。 作家兼元セゾン会長、堤清二は異母兄弟。 かつてはJOC会長など、スポーツ界にも影響を及ぼした。 1989年、オーナーであった西武ライオンズで、優勝を逃した森祇晶監督の続投に関し、「やりたければどうぞ」と突き放した言い方をして話題になった。 また、2002年の日本シリーズの敗退の原因は、現場介入があったと言われている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • グループ
  • 西武
  • 逮捕
  • 鉄道
  • インサイダー
  • スパルタ
  • スポーツ
  • フォーブス
  • 事業
  • 動向
  • 取引
  • 取引法
  • 堤康次郎
  • 堤清二
  • 後継者
  • 時代
  • 激動
  • 王国
  • 王学
  • 西武百貨店
  • 証券
  • 資金
  • 違反
  • オーナー
  • 一線
  • 不祥事
  • 世界一
  • 会長
  • 判決
  • 基礎
  • 小説家
  • 有罪
  • 疑惑
  • 責任
  • 資産
  • 辻井