誕生日データベース

ジョーゼフ・ピューリツァーJoseph Pulitzer

ジャーナリスト、出版人[ハンガリー→アメリカ]

1847年 4月10日

1911年 10月29日 死去享年65歳
ジョーゼフ・ピューリツァー - ウィキペディアより引用

ジョーゼフ・ピューリツァー(Joseph Pulitzer, 1847年4月10日 - 1911年10月29日)は、新聞出版者およびジャーナリスト、元アメリカ合衆国連邦下院議員。
ピューリツァー賞は彼にちなんで設立された(名前は実際には"Pull it, sir."(プリツァー)のように発音されるべきであるとされる。
自身の発音はこうであった)。
生涯 1847年4月10日、ハンガリーのチョングラード県マコーで、ユダヤ系の家庭に生まれる。
初等教育を経て中等教育在学中に、1864年にアメリカへ移住し、北軍の陸軍兵士として南北戦争に従軍した。
その後ミズーリ州セントルイスに定住した。
コロンビア大学修了。
ここで彼は1868年にドイツ語の日刊新聞「ウェストリッヒ・ポスト Westliche Post」で働き始めた。
彼は共和党に加わり、1869年にミズーリ州議会議員に選任された。
1872年に彼は3,000ドルでポスト紙を購入した。
その後、1878年には2,700ドルでセントルイス・ディスパッチ紙を買い、二紙を統合しセントルイスの日刊新聞、セントルイス・ポスト・ディスパッチ紙とした。

Joseph Pulitzer アメリカのジャーナリスト  1847年4月10日、生まれ。1911年10月29日、死去。 ハンガリーのマコーでユダヤ人の家庭に生まれる。 アメリカ合衆国に移住しミズーリ州セントルイスで新聞社を経営。1883年にニューヨーク・ワールド紙を購入し、人間の興味の物語、スキャンダルおよびセンセーショナリズムへ移し部数を伸ばし、アメリカで最大の新聞になった。 1885年、下院議員となる。 1911年、サウスカロライナ州チャールストンの湾の彼のヨットで死去。彼の意思により遺産によりコロンビア大学ジャーナリズム大学院とピューリツァー賞が設立された。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジョーゼフ・ピューリツァー」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • アメリカ
  • 設立
  • 議員
  • グラード
  • ジャーナリズム
  • チョン
  • ハンガリー
  • マコー
  • ユダヤ
  • 下院
  • 南北
  • 合衆国
  • 学校
  • 後年
  • 戦争
  • 教育
  • 新聞社
  • 死去
  • 活動
  • 経営
  • ピューリッツァー賞
  • ピューリツァー
  • 中等
  • 初等
  • 北軍
  • 在学
  • 家庭
  • 従軍
  • 移住
  • 軍兵士
  • 連邦