誕生日データベース

グラウベ・フェイトーザGlaube Feitosa

格闘家[ブラジル]

1973年 4月9日

グラウベ・フェイトーザ(Glaube Feitosa、男性、1973年4月9日 - )は、ブラジル出身の空手家、キックボクサー。
極真会館ブラジル支部所属。
ニックネームは「極真の怪物」。
極真空手の段位は三段。
長い脚から繰り出される“ブラジリアンキック”と呼ばれるハイキックと、膝蹴りが得意。
礼儀正しい真面目な性格で、相手を倒した際、「残心」の構えをとる。
極真会館ブラジル支部の出身であり師匠に磯部清次、先輩にフランシスコ・フィリォ、後輩にエヴェルトン・テイシェイラをもつ。
セコンドには、兄弟子のフランシスコ・フィリォ、極真会館専属トレーナーのファイ・ファラモエ、レイ・セフォーがついている。
極真会館ブラジル支部において、磯部清次に教えを受ける。
少年時代のグラウベは長身だがガリガリに痩せた虚弱体質で、それを心配した父親と共に道場の門を叩いた。
入門初期は股割りなどの柔軟運動一つにも苦労したという。
1995年11月3日 - 5日、極真会館(松井派)主催の第6回オープントーナメント全世界空手道選手権大会に出場し、8位入賞。

■ 映像作品

極真空手の選手。 フランシスコ・フィリオと同門であり、共に「ブラジルの怪物」と恐れられた。 193cmの長身から繰り出す膝蹴りと、空中で軌道を変えるブラジリアン・キックを得意とし、数々の強豪を薙ぎ倒してきた。 97年の世界ウェイト制大会では準優勝。 98年、K-1に参戦。しかし、初戦のマイク・ベルナルド戦では1RKO負け。その後も、ルールの違いに適応できず、黒星が先行した。 2003年、強豪パヴェル・マイヤーにKO勝ちし、それ以降は5勝1敗4KOという好成績。 K-1ラスベガス大会でも優勝し、極真の遅咲きの花が、その才能を開花させ始めたと言えそうだ。 K-1グランプリ2005にてリザーバーとして初の決勝進出。 決勝戦ではセーム・シュルトに敗れたものの、リザーブマッチでゲーリー・グッドリッジに勝ち、 準決勝で武蔵にKO勝ちするなど、極真時代の往年の動きで活躍した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 極真会館
  • 磯部清次
  • キック
  • エヴェルトン
  • タイトル
  • テイシェイラ
  • ハイキック
  • フィリォ
  • フランシスコ
  • ブラジル
  • ボクサー
  • 得意技
  • 戦績
  • 支部
  • 松井
  • 残心
  • 獲得
  • 関連
  • グラウベ
  • ニックネーム
  • ブラジリアン
  • 先輩
  • 少年
  • 師匠
  • 後輩
  • 得意
  • 性格
  • 怪物
  • 所属
  • 時代
  • 極真
  • 相手
  • 真面目
  • 長身