生年月日データベース

安藤統男あんどうもとお

プロ野球選手、監督[日本]

1939年 4月8日

安藤 統男(あんどう もとお、本名・安藤 統夫※読み同じ、1939年4月8日 - )は、兵庫県芦屋市生まれ、茨城県土浦市出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
プロ入り前 土浦一高では1、2年時に木内幸男監督の指導を受ける。
高校3年時に遊撃手、控え投手として1957年の夏の甲子園に出場。
山本秀一三塁手のいた県和歌山商を降し2回戦に進出するが、後に大学同期となる県岐阜商の清沢忠彦投手(慶大-住友金属) に完封を喫する。
県岐阜商の二塁手は高木守道であった。
卒業後は慶應義塾大学に進学。
東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、1960年秋季リーグの早慶六連戦で活躍、4年時には主将を務めた。
在学中には、リーグ戦で通算103試合に出場。
382打数105安打、1本塁打、30打点、打率.275という成績を残すとともに、遊撃手としてベストナイン(遊撃手)を2回獲得している。
阪神選手時代 大学卒業後の1962年に阪神タイガースへ入団。
担当スカウトは佐川直行で、当時のトレーニングコーチ・篠田仁が仲介したとされる。

プロ野球、阪神タイガースの元選手・監督。現在は解説者。 土浦一高3年で甲子園出場。慶應義塾大学4年時には主将を務める。 1962年に阪神タイガース入団。ユーティリティプレーヤーとして活躍。 1970年には打撃2位となり、オールスターゲームにも出場。 1973年の引退後はコーチ、2軍監督などを経て1982年より監督に就任。1984年に辞任するが、ランディ・バースを入団させるなど1985年の日本一の基礎を築いた。 退団後は毎日放送解説者を経て、1987年から1989年に関根潤三監督の元、ヤクルトスワローズのヘッドコーチを務めた。 現在は毎日放送解説者・スポーツ報知評論家、阪神OB会会長を務めている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • 阪神
  • コーチ
  • プロ野球
  • 年度
  • 成績
  • 時代
  • 選手
  • プロ
  • 内野手
  • 土浦市
  • 安藤
  • 打撃
  • 背番号
  • 茨城県
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 評論家
  • 詳細
  • 退団
  • 野球
  • あんどう
  • もとお
  • 出身
  • 本名
  • 登録
  • 統男