生年月日データベース

西野朗にしのあきら

男子サッカー選手、監督[日本]

1955年 4月7日 生 (満63歳)

西野朗 - ウィキペディアより引用

西野 朗(にしの あきら、1955年4月7日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
現役時代のポジションは主に攻撃的ミッドフィールダー(MF)。
選手時代 埼玉県立浦和西高等学校を経て、早稲田大学教育学部に入学して、ア式蹴球部に所属。
在学中に日本代表に選出された。
1978年に日立製作所へ加入以降はプレーに精彩を欠き伸び悩む。
その後、復活を果たし1985年に日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点をあげベストイレブンにも選出された。
また、晩年にはスイーパーを務めることもあった。
しかし、天才肌のMFである一方で淡白な部分があり、日立加入初年の1978年を最後に日本代表には呼ばれず、1990年に現役を引退した。
指導者時代 1991年からU-20日本代表監督を務め、1994年に、アトランタオリンピック本大会出場を目指すU-23日本代表監督に就任。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。1955年4月7日、埼玉県生まれ。現役時代のポジションは主に攻撃的ミッドフィールダー(MF)。早稲田大学を経て日立製作所でプレーし、日本代表では12試合1得点の成績を残す。90年に現役を引退し、91年、U-20日本代表監督に就任。94年からはU-23日本代表監督として、96年アトランタ五輪で28年ぶりとなる日本の本大会出場を成し遂げ、本大会ではブラジル代表に勝利して「マイアミの奇跡」を起こした。98年から2001年まで柏レイソルの監督を務め、02年にガンバ大阪の監督に就任。11年まで指揮をとり、05年にJ1リーグ優勝、08年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝を達成した。その後、12年にヴィッセル神戸、14~15年に名古屋グランパスの監督を歴任。16年からは日本サッカー協会の技術委員長を務めていたが、18年4月、同月に解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督に代わり日本代表監督に就任した。 (2018-4-10) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 代表
  • 日本
  • サッカー
  • 時代
  • ワールドカップ
  • 選手
  • 指導者
  • アトランタ
  • ガンバ大阪
  • クラブ
  • グランパス
  • ミッドフィールダー
  • ロシア
  • ヴィッセル神戸
  • 五輪
  • 個人
  • 名古屋
  • 大会
  • 成績
  • 所属
  • 日本サッカー協会
  • 柏レイソル
  • 監督
  • ポジション
  • リーグ
  • 勝利
  • 歴代
  • 現役
  • 通算