生年月日データベース

トーマス・ヒル・グリーンThomas Hill Green

哲学者[イギリス]

1836年 4月7日

1882年 3月15日 死去享年47歳
トーマス・ヒル・グリーン - ウィキペディアより引用

トーマス・ヒル・グリーン(Thomas Hill Green、1836年4月7日 - 1882年3月15日)は、イギリスの哲学者である。
1836年にイングランドのヨークシャーで生まれ、ラグビー校を経てオックスフォード大学のベリオール・カレッジで学ぶ。
1850年にフェローとなり、当初は学生指導員として、後に道徳哲学のホワイト教授として教育に携わることになる。
哲学の研究においては『倫理学序説』(Prolegomena to Ethics)と『政治的義務の原理についての講義』(Lectures on the Principles of Political Obligation)などの業績があるが、生前に刊行されることはなかった。
しかし、グリーンはT・H・グロウスと共にグリーン・グロウス版と呼ばれるデイヴィッド・ヒュームの全集を編んだことで知られており、その序論でグリーンは観念論の立場からヒュームを批判している。

■ 関連書籍

「トーマス・ヒル・グリーン」と関連する人物

連想語句
  • 思想
  • 哲学
  • 業績
  • オックスフォード
  • オール
  • カレッジ
  • ベリ
  • ラグビー
  • 主要
  • 倫理学
  • 大学
  • 序説
  • 影響
  • 思想家
  • 政治
  • 日本人
  • 関連
  • イングランド
  • フェロー
  • ホワイト
  • ヨークシャー
  • 刊行
  • 原理
  • 学生
  • 当初
  • 指導
  • 教授
  • 教育
  • 生前
  • 義務
  • 講義
  • 道徳