生年月日データベース

宇津木妙子うつぎたえこ

ソフトボール監督[日本]

1953年 4月6日 生 (満65歳)

宇津木 妙子(うつぎ たえこ、1953年4月6日 - )は、埼玉県比企郡中山村(現・川島町)生まれのソフトボール選手・監督。
身長158cm。
埼玉県川島町立川島中学校1年時からソフトボールを始める。
その後、三塁手として星野女子高等学校を経て日本ソフトボールリーグ女子1部のユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。
1985年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経てソフトボールリーグの日立高崎の監督に就任、全日本総合選手権5回優勝、日本リーグ3回優勝。
1997年、日本代表監督に就任。
1998年7月、世界選手権で銅メダル獲得。
2000年8月、シドニーオリンピック銀メダル。
2002年8月、会社の後輩である伏見幸男と入籍。
2004年8月、アテネオリンピック銅メダル。
同年9月、日本代表監督退任。
2005年、国際ソフトボール連盟殿堂入り。
日本人で初の栄誉となる。
その後、宇津木麗華が現役を引退すると日立高崎が改称したルネサス高崎の監督職を譲り、自らは同チームの総監督に就任。

■ 関連書籍

ソフトボール選手・監督。 右投右打、ポジションは二塁手。背番号は主に5番。 1953年生まれ。埼玉県出身。 川島一中からソフトボールを始め、星野女子高校を経て実業団「ユニチカ垂井」でプレー。 1974年、世界選手権に出場し、準優勝。 1985年、現役引退。 1986年、日立高崎女子ソフトボール部(現日立&ルネサス高崎)監督に就任。3年後の1989年には1部昇格を果たす。 1998年、日本代表の監督に就任。 シドニー、アテネと2大会の五輪ソフトボール日本代表監督を務めた。 現在は日立&ルネサス高崎総監督。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ソフトボール
  • 川島町
  • 中学校
  • 星野
  • アテネ
  • エピソード
  • ジャパン
  • メンバー
  • ユニチカ
  • リーグ
  • 三塁手
  • 五輪
  • 代表
  • 埼玉県
  • 女子
  • 学校
  • 宇津木
  • 日本
  • 活動
  • 社会的
  • 立川
  • 著書
  • 関連
  • 高等
  • 世界選手権
  • 出場
  • 垂井
  • 学園
  • 所属
  • 監督
  • 選手