生年月日データベース

ジョン・スカリーJohn Sculley

経営者、ペプシコーラ 元社長、アップルコンピュータ 元社長CEO[アメリカ]

1939年 4月6日

ジョン・スカリー(John Sculley 、1939年4月6日 - )はアメリカ合衆国の実業家。
ペプシコーラ社長とアップルコンピュータの社長、CEOを歴任した。
1939年、アメリカ合衆国に生まれる。
彼の自伝の中では、14歳の時テレビのブラウン管に関する発明をしたが、すでに特許が出ていた。
それが後のソニーのトリニトロンであったと語っている。
ブラウン大学に進学。
ペンシルベニア大学ウォートン・スクールで MBA 修了後、ニューヨークの広告代理店に職を得た。
その後、当時の妻の父でペプシコーラの要職にあったケンドールの誘いを受けペプシコ初のMBA修了者として入社する。
スカリーは、ペプシのコマーシャルにマイケル・ジャクソンを採用したり、ペプシチャレンジと言われた、ブランド名を隠して複数のコーラを飲ませて、ペプシのコーラがおいしいと伝えるコマーシャルなどの手法を使った。
ダイエット・ペプシなどがヒットし、ついにはコカ・コーラを抜いてアメリカの炭酸飲料マーケットで首位を取る原動力となった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

John Sculley PDAの生みの親。 元Apple社会長兼CEO。 現在はベンチャーキャピタルSculley Brothers社のパートナーを務める。 旧 米Live Picture社の会長兼CEO。 当時ペプシコーラ社長だったスカリーは,スティーブ・ジョブズに 「あなたは一生を砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えてみないか」 とAppleへ誘われたという話は有名。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • コーラ
  • ペプシ
  • コカ
  • 大学
  • 社長
  • アメリカ
  • ウォートン
  • コマーシャル
  • ジャクソン
  • スクール
  • ソニー
  • チャレンジ
  • トリニトロン
  • ニューヨーク
  • ブラウン
  • ブラウン管
  • ペプシコーラ
  • ペンシルベニア
  • マイケル
  • ひとつ
  • アップル
  • アップルコンピュータ
  • カンザス
  • ケンドール
  • コーク
  • スカリー
  • ダイエット
  • テレビ
  • ニュー
  • ヒット
  • ブランド
  • ペプシコ
  • 代理店
  • 企業
  • 修了
  • 修了者
  • 入社
  • 合衆国
  • 失敗
  • 学修
  • 当時
  • 手法
  • 採用
  • 歴任
  • 特許
  • 発明
  • 経営
  • 自伝
  • 要因
  • 要職
  • 計画
  • 誘い
  • 進学