生年月日データベース

桂木洋子かつらぎようこ

女優[日本]

1930年 4月6日 生 (満88歳)

桂木洋子 - ウィキペディアより引用

桂木 洋子(かつらぎ ようこ、本名・黛 住恵(まゆずみ すみえ)、旧姓・富沢(とみざわ)、1930年4月6日 - 2007年3月)は、昭和中期(1940年代後半から1960年代前半)に活動した女優。
来歴・人物 東京市四谷区(現・新宿区)に、家具屋の娘として生れる。
1946年に東京都立麹町女子商業学校(現・東京都立芝商業高等学校)を卒業し、松竹歌劇団に戦後の2期生として入団する。
同期に千草かほるなどがいる。
1948年、黒澤明脚本の『肖像』を準備中の木下惠介監督の目に留まり、この作品で映画デビューする。
続いて、同監督の『破戒』に出演したのを期に歌劇団を退団し、松竹に入社する。
その後、木下監督の作品に次々と出演する傍ら、1950年に『三つの結婚』に初主演するなど、甘い美貌で人気を集めた。
1953年に作曲家の黛敏郎と結婚し、以降は家庭を優先して徐々に出演本数を減らし、1963年の日活『丘は花ざかり』を最後に引退した。
2007年3月に死去した。
満76歳没。
葬儀は近親者で済ませ、翌月に公表した。
死亡日や死因などの詳細は遺族の意向で伏せられた。

■ 映像作品

女優。1930年東京生れ。1946年松竹歌劇団に入団。木下恵介監督の目にとまり、1948年「肖像」でデビュー。以来、純情可憐、薄幸の乙女役を数多く演じた。 1963年引退。夫は音楽家の故・黛敏郎。      (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 作品
  • 出演
  • 商業
  • 四谷
  • 学校
  • 新宿区
  • 映画
  • 都立
  • 俳優
  • 前半
  • 劇団
  • 女優
  • 女子
  • 家具
  • 後半
  • 拡大
  • 時代
  • 松竹
  • 活動
  • 高等
  • 麹町