生年月日データベース

衛藤征士郎えとうせいしろう

政治家[日本]

1941年 4月29日

衛藤征士郎 - ウィキペディアより引用

衛藤 征士郎(えとう せいしろう、1941年4月29日 - )は、日本の政治家。
自由民主党所属の衆議院議員(11期)。
衆議院副議長(第64代)、防衛庁長官(第57代)、参議院議員(1期)、大分県玖珠郡玖珠町長(2期)等を歴任した。
当時日本の統治下であった朝鮮半島南部全羅南道の康津に生まれる。
父・衛藤貫一は警察官。
1945年9月、終戦により日本へ引き揚げ、大分県玖珠郡玖珠町で育つ。
1948年、玖珠町立日出生小学校に入学するが、1950年に玖珠町立森小学校に転校。
1957年、大分県立森高等学校に進学するが、同年9月から休学。
1959年に高校に復学し、1962年に高校卒業。
上京し、早稲田大学第二政治経済学部に入学する。
1964年、学内の転部試験に合格し、早稲田大学第一政治経済学部に転部。
在学中は吉村正教授に師事し、1966年に卒業。
同年、早稲田大学大学院政治学研究科国際政治専修修士課程に進学し、政治学修士号を取得する。
1970年、大分県玖珠郡玖珠町に戻り、豊後森駅前のビルの一室に「衛藤征士郎政治経済研究所」を開設。

■ 関連書籍

えとう-せいしろう 1941-昭和後期-平成時代の政治家。昭和16年4月29日朝鮮全羅南道生まれ。終戦で日本へ引き揚げ,大分県で育つ。昭和46年,全国最年少の29歳で玖珠町長。52年参議院議員初当選(当選1回)。58年衆議院議員当選(当選11回)。農林水産政務次官,衆議院大蔵委員会委員長,自民党副幹事長などをへて,平成7年村山改造内閣で防衛庁長官として初入閣。20年衆議院予算委員長,21年衆議院副議長。早大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 議員
  • 政策
  • 衆議院
  • たばこ
  • テコンドー
  • 不祥事
  • 主張
  • 公務
  • 内政
  • 制度
  • 協会
  • 協定
  • 参議院
  • 台湾
  • 大分県
  • 年金
  • 憲法
  • 改革
  • 政治
  • 未納
  • 玖珠町
  • 玖珠郡
  • 環太平洋
  • 経済
  • 自民党
  • 資金
  • 連携
  • 連盟
  • やじ
  • 内閣
  • 副議長
  • 問題
  • 大臣
  • 改造
  • 村山
  • 歴任
  • 議長
  • 長官
  • 防衛
  • 防衛庁
  • 顧問