生年月日データベース

桂米丸かつらよねまる

落語家・4代目[日本]

1925年 4月6日

『桂米丸 (4代目)』より : 桂 米丸(かつら よねまる)は、落語家の名跡。
当代は4代目。
初代と2代目は上方噺家。
3代目以降は江戸噺家である。
これは2代目が東京に移駐し、その門下が代々襲名したことによるものである。
初代桂米丸 - 後の初代桂文團治。
初代桂文枝門下の一人。
本名、鈴木清七。
2代目桂米丸 - 元は桂小米。
後の2代目桂小文治。
本名、稲田裕次郎。
3代目桂米丸 - 元は柳家小山三。
後の5代目古今亭今輔。
本名、鈴木梧郎。
4代目桂米丸 - 元は古今亭今児(後に、米丸の弟弟子から弟子入りした桂歌丸も古今亭今児を名乗っている)。
落語芸術協会最高顧問。
本名、須川勇。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「桂米丸」と関連する人物

連想語句
  • 米丸
  • 本名
  • 古今亭
  • 協会
  • 古今亭今輔
  • 桂小文治
  • 桂文枝
  • 桂歌丸
  • 芸術
  • 落語
  • 鈴木
  • 一人
  • 初代
  • 小山三
  • 弟子入り
  • 弟弟子
  • 最高
  • 柳家
  • 桂小米
  • 梧郎
  • 清七
  • 稲田
  • 裕次郎
  • 門下
  • 須川
  • 顧問