誕生日データベース

大木惇夫

詩人[日本]

1895年 4月18日

大木 惇夫(おおき あつお、1895年〈明治28年〉4月18日 - 1977年〈昭和52年〉7月19日)は日本の詩人・翻訳者・作詞家。
本名は軍一(ぐんいち)。
1932年までは篤夫(あつお)と名乗っていた。
太平洋戦争(大東亜戦争)中の戦争詩で有名だが、児童文学作品他、「国境の町」などの歌謡曲、「大地讃頌」をはじめとした合唱曲、軍歌(戦時歌謡)、社歌、校歌、自治体歌の作詞も多い。
1967年紫綬褒章、1972年勲四等旭日小綬章。
出生から少年時代 広島県広島市天満町(現在の西区天満町)出身。
生家は裕福な呉服商であったが、彼が物心付く頃には没落しており、貧しい暮らしの中で育った。
少年時代に『アラビアン・ナイト』や巌谷小波の『世界お伽噺』を読み、文学者を志す。
広島商業学校(現、広島県立広島商業高等学校)の学生時代に世界の文学に親しむと共に、与謝野晶子、吉井勇や若山牧水の影響を受けて短歌を創作する。
その後、三木露風や北原白秋の詩を知り、特に白秋に深い感銘を受ける。
文壇に出た頃 学校卒業後、三十四銀行(現在の三菱東京UFJ銀行の前身の一つ)広島支店に就職するが、文学に対する志望が強く、20歳の年に上京する。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

おおきあつお [生]1895.4.18.広島[没]1977.7.19.東京詩人。本名,軍一。筆名は篤夫も用いた。広島商業学校卒業。1921年『大阪朝日新聞』の懸賞小説に当選。小田原に移り,北原白秋の門に入り,25年処女詩集『風・光・木の葉』を刊,白秋の抒情を継承した香気ある詩風で詩人としての地位を定めた。ほかに『秋に見る夢』(1926),『危険信号』(30),『冬刻詩集』(38),『物言ふ蘆』(49),『失意の虹』(65)などの詩集がある。第2次世界大戦中には愛国詩や歌謡曲の作詞で人気を得た。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 戦争
  • 歌謡
  • 不遇
  • 主要
  • 伝記
  • 作詞
  • 作詞家
  • 児童
  • 出生
  • 合唱曲
  • 大地讃頌
  • 大東亜
  • 太平洋
  • 少年
  • 戦後
  • 文壇
  • 文学
  • 時代
  • 校歌
  • 歌謡曲
  • 社歌
  • 紫綬
  • 翻訳者
  • 著書
  • 褒章
  • 評伝
  • 評論
  • 詩集
  • 軍歌
  • あつお
  • ぐんいち
  • 作品
  • 勲四等
  • 勲等
  • 国境
  • 小綬
  • 小説
  • 戦時
  • 旭日
  • 旭日章
  • 有名
  • 本名
  • 篤夫
  • 自治体
  • 軍一