誕生日データベース

小林覚こばやしさとる

囲碁棋士[日本]

1959年 4月5日

小林 覚(こばやし さとる、1959年4月5日 - )は、囲碁棋士。
日本棋院所属、木谷實九段門下、九段。
1995年に全盛期の趙治勲を破り棋聖位。
他に碁聖位、三星火災杯世界オープン戦準優勝など。
小林4兄弟(小林千寿五段、小林健二七段、小林孝之準棋士二段)の末弟。
第29回棋道賞最優秀棋士賞受賞。
厚みを重視した柔軟な棋風とも言われるが、本人は読みを基調とする碁と言い、特に趙との七番勝負以後は鋭い踏み込みのある碁となる。
長野県松本市に生まれ、プロに2子を置けば負けないほどの実力の父に、3歳からスパルタ教育を受ける。
1966年に本格的な修行のために一家で東京に移る。
長姉の千寿は6歳から一時期木谷の内弟子となっていたが、上京とともに4兄弟で木谷門に入門し、翌年の8歳の時から内弟子となり、その翌年には通い弟子に戻る。
加えて孝之は瓊韻社の富田忠夫八段、覚は岩本薫九段にも師事する。
覚が内弟子になった1967年頃、内弟子にはすでに成人した石田芳夫(現・二十四世本因坊)や加藤正夫(現・名誉王座)、入段したばかりの小林光一(現・名誉棋聖・名誉名人・名誉碁聖)、趙治勲(現・二十五世本因坊)らがいた。

■ 関連書籍

連想語句
  • 棋士
  • 木谷
  • タイトル
  • 囲碁
  • 受賞
  • 門下
  • オープン戦
  • 三星
  • 世界
  • 名誉
  • 小林光一
  • 小林千寿
  • 日本棋院
  • 棋歴
  • 棋聖
  • 棋道
  • 棋風
  • 火災
  • 獲得者
  • 碁聖
  • 著作
  • 道場
  • プロ
  • 三冠
  • 二七
  • 優秀
  • 兄弟子
  • 同姓
  • 在位
  • 姉弟
  • 孝之
  • 小林
  • 小林健
  • 所属
  • 最後
  • 末弟
  • 準優勝
  • 称号
  • 血縁
  • 関係