生年月日データベース

淡口憲治あわぐちけんじ

プロ野球選手、コーチ[日本]

1952年 4月5日

淡口 憲治(あわぐち けんじ、1952年4月5日 - )は、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手(外野手)。
三田学園高等学校では二年の時、1969年の春の選抜に山本功児とともに出場、準々決勝で堀越に敗退。
翌年の選抜にも1学年下の羽田耕一とクリーンナップを組み連続出場。
同じく準々決勝で鳴門に敗れる。
1970年のドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。
当時の監督川上哲治の期待が大きく、入団1年目より一軍に昇格を果たす。
1974年頃から頭角を現し、翌1975年には規定打席不足ながらも打率.293の成績を残し、将来を嘱望された。
だが1976年に日本ハムファイターズから張本勲がトレードで移籍してくると、張本、柳田俊郎、末次利光との外野手のレギュラー争いが激化。
レギュラーを奪えなかった淡口は代打での起用が多くなる。
1976年10月12日長嶋茂雄監督率いる巨人初優勝のマジック1とした試合の4回裏二死満塁で安仁屋宗八の2球目のスライダーを叩いて10号本塁打を放ったが、これは同時に日本プロ野球通算700本目の満塁本塁打であった。

■ 音楽作品

プロ野球選手・指導者。 右投左打、ポジションは外野手。背番号は35→54→35→7番。 1952年4月5日生まれ。兵庫県出身。 三田学園高から1971年、ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。 主に控えの外野手、代打として出場。1983年には初めて規定打席に到達。 翌1984年から再び代打に戻る。 1986年、有田修三との2対1の交換トレードで、山岡勝?と共に近鉄バファローズに移籍。 外野手の定位置を獲得。 1989年、現役引退。通算代打本塁打17本はプロ野球歴代4位。 1990年、読売ジャイアンツの二軍打撃コーチに就任。 1993年、一軍打撃コーチに就任。2002年、二軍監督に転じる。 2004年、二軍ヘッドコーチを兼任。2005年、退団。 2006年、北海道日本ハムファイターズの一軍打撃コーチに就任。07年、退団。 2008年、東京ヤクルトスワローズの二軍打撃コーチに就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ
  • プロ野球
  • コーチ
  • 兵庫県
  • 外野手
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 時代
  • 現役
  • 監督
  • 背番号
  • 西宮市
  • 記録
  • 評論家
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • あわぐち
  • けんじ
  • 二軍
  • 出身
  • 憲治
  • 淡口
  • 野球