生年月日データベース

吉田拓郎よしだたくろう

歌手[日本]

1946年 4月5日

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長である。
本名同じ。
旧芸名は平仮名のよしだたくろう。
楽曲提供者としては入江剣の名も用いている。
夫人は四角佳子→浅田美代子→森下愛子。
血液型A型。
身長176.5cm。
竹田企画所属。
レコードレーベルはエレックレコード→CBSソニー→フォーライフ・レコード→インペリアルレコード→avex trax。
日本のシンガーソングライターの草分け的存在であり、1970年代初頭、マイナーであったフォークとロックを、日本ポップス界のメジャーに引き上げた歌手である。
また、大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、CMソング、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立などのパイオニアとして、日本ポピュラーミュージック史において特筆すべき役割を果たした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

本名も吉田拓郎。 1946年4月5日鹿児島県大口市に生まれる。 1955年広島に転居。 1970年6月「イメージの詩/マークII」でデビュー*1。 71年夏、第3回全日本フォークジャンボリーに出演。「サブステージ」に於けるおよそ2時間にも亘る「人間なんて」の熱唱、というよりは激唱は最早、伝説的に神話化されているところである*2。 1972年、シングル「結婚しようよ / ある雨の日の情景」、さらに「旅の宿 / おやじの唄」が次々にヒット。さらにアルバム『元気です。』は、オリコンチャート通算15週連続で一位を独走し続け、「たくろう」は、一躍スターダムへとのし上がることになるが、さらにこのことが結果として、今まで「アングラ」的要素もその所々に入り交じっていた「フォーク」という音楽ジャンルを、一般にも認知させてゆく上での大きなきっかけともなった*3。 同年、日本で初めてツアー形式の全国コンサートを敢行。 73年8月、立風書房から出した初めての自著・エッセイ集『気ままな絵日記』がベストセラーとなる。 同年12月、本格的なブラス・ストリングスを加えて同年11月下旬の2日間にわたり中野サンプラザホールにて行われたライブ演奏曲目から精選し、これらを『LIVE'73』というアルバムに纏めてリリース*4。日本に於ける初めての本格的ライブアルバムとしての定評も高い殆ど文句なしの名盤であり、これは最早フォークアルバムというよりむしろファンクの領域へまで突き抜けていると評する方がより適切であるとする意見もある程である。蓋し拓郎の楽曲が、フォークという一つの音楽ジャンルに決して縛られては居ない所以を構成する …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • レコード
  • 鹿児島県
  • よしだたくろう
  • アマチュア
  • フォー
  • プロデューサー
  • ライフ
  • 伊佐市
  • 伊佐郡
  • 作曲家
  • 四角佳子
  • 大口町
  • 広島修道大学
  • 浅田美代子
  • 編曲家
  • 音楽
  • レーベル
  • 事務所
  • 企画
  • 作詞家
  • 入江
  • 出身
  • 卒業
  • 商科
  • 大学
  • 夫人
  • 平仮名
  • 広島
  • 愛子
  • 所属
  • 提供者
  • 本名
  • 森下
  • 森下愛子
  • 楽曲
  • 社長
  • 竹田
  • 芸名