誕生日データベース

古川聡ふるかわさとし

宇宙飛行士[日本]

1964年 4月4日

古川聡 - ウィキペディアより引用

古川 聡(ふるかわ さとし、1964年(昭和39年)4月4日 - )は、日本人宇宙飛行士。
神奈川県横浜市生まれ。
2011年6月8日にソユーズに搭乗し、約5か月半の国際宇宙ステーション(ISS)第28/29次長期滞在ミッションを行った。
1977年3月 - 横浜市立間門小学校卒業 1983年3月 - 栄光学園卒業 1989年3月 - 東京大学医学部医学科卒業。
1999年2月 - 星出彰彦、山崎直子とともに国際宇宙ステーションに搭乗する宇宙飛行士候補者に選ばれる。
2000年 - 東京大学で医学の博士号取得。
2001年1月 - 正式に宇宙飛行士として認定される。
2004年5月 - ロシアのソユーズ宇宙船のフライトエンジニアの資格を取得。
2006年2月 - 搭乗運用技術者の資格を取る。
2007年8月 - フロリダ州海底でのNASA極限環境ミッション運用訓練(en:NEEMO13)に参加。
2008年5月 - 野口聡一がISS長期滞在員に選出された際、バックアップクルーに任命される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士。1964年4月4日生まれ、神奈川県横浜市出身。医師でもあるが、国際宇宙ステーション(ISS)第28次/第29次長期滞在クルーのフライトエンジニアに任命され、2011年6月から11月まで、往復を含めて宇宙に167日間にわたり滞在した。2011年現在、日本人では野口聡一宇宙飛行士(ISS第22次/第23次長期滞在)の163日間を抜いて、宇宙滞在の最長記録となっている。 古川宇宙飛行士は、東京大学医学部を卒業後、麻酔科、外科の医師として勤務していた。1999年に宇宙開発事業団(NASDA)(現在はJAXAに改組)により、宇宙飛行士の候補者として選定され、ISS搭乗宇宙飛行士の基礎訓練に参加、2001年に宇宙飛行士として認定された。以降、ISS搭乗宇宙飛行士のアドバンスト訓練に参加し、04年にはソユーズTMA宇宙船フライトエンジニア資格を取得。06年には搭乗運用技術者(ミッションスペシャリスト)として認定され、野口宇宙飛行士の、長期滞在時のバックアップクルーにも任命されていた。11年の長期滞在が初飛行である。 幼稚園の時のアポロ11号の月着陸中継や、小学生時代に見たテレビ番組の「ウルトラセブン」などから宇宙への強い興味を抱いた。後に医学の道に進んだが、日本人宇宙飛行士募集の報に接して、宇宙への志やみがたく応募に踏み切ったという。宇宙滞在中には、ISSの日本実験棟である「きぼう」の管理を行うとともに、医師のキャリアを生かして自らの体で人体に宇宙生活が与える影響について調べたり、難病の新薬開発を目指すたんぱく質の結晶を作成したり、数多くの生命科学実験などに精力的に取り組んだ。また、地上 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 宇宙
  • ステーション
  • 国際
  • 卒業
  • 東京大学
  • 飛行士
  • ソユーズ
  • 出演
  • 学園
  • 小学校
  • 山崎直子
  • 市立
  • 搭乗
  • 星出彰彦
  • 栄光
  • 横浜
  • 趣味
  • 間門
  • 関連
  • ミッション
  • 中学校
  • 候補者
  • 医学
  • 医学科
  • 医学部
  • 博士
  • 博士号
  • 学校
  • 正式
  • 滞在
  • 認定
  • 長期
  • 高等