生年月日データベース

アンソニー・パーキンスAnthony Perkins

俳優[アメリカ]

1932年 4月4日

1992年 9月12日 死去エイズ享年61歳
アンソニー・パーキンス - ウィキペディアより引用

アンソニー・パーキンス(Anthony Perkins, 1932年4月4日 - 1992年9月12日)はアメリカ合衆国ニューヨーク出身の俳優。
左利き。
プロフィール 父親が舞台俳優だったが、彼が5歳の時に亡くなっている。
若いころから俳優を志し、舞台に出演。
映画デビューは1953年の『女優』。
しばらく芽が出なかったが、コロンビア大学卒業後の1956年、ウィリアム・ワイラー監督のカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品『友情ある説得』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
その後、1957年の『ロンリー・マン』、続く1958年の『胸に輝く星』、『海の壁』、1959年『渚にて』などに出演、1960年代を代表する青春スターとして人気を博した。
1959年の『緑の館』ではオードリー・ヘプバーンと共演、自ら歌う場面もあり美声を披露、1960年の『のっぽ物語』ではジェーン・フォンダと共演している。
歌手としては『月影の渚』というレコードを出している。
1960年にアルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』に主演のノーマン・ベイツ役で出演し強烈な印象を残した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Anthony Perkins アメリカの映画俳優。  1932年4月4日、ニューヨーク生まれ。  1942年にボストンに転居。  1960年にアルフレッド・ヒッチコック監督の低予算映画『サイコ』に主演の精神異常者ノーマン・ベイツ役で出演、これが生涯の代表的イメージとなり、80年代以降、続編3本にも出演している。  1961年の『さよならをもう一度』で第14回カンヌ国際映画祭 男優賞を受賞。   1992年9月12日、エイズのため死去した。 主な出演作: 『友情ある説得』(56) 『栄光の旅路』(57) 『ロンリー・マン』(57) 『胸に輝く星』(57) 『海の壁』(58) 『楡の木蔭の欲望』(58) 『緑の館』(59) 『渚にて』(59) 『のっぽ物語』(60) 『サイコ』(60) 『さよならをもう一度』(61) 『死んでもいい』(62) 『真夜中へ5哩』(62) 『審判』(62) 『パリは燃えているか』(66) 『殺意』(67) 『かわいい毒草』(68) 『キャッチ22』(70) 『扉の影に誰かいる』(71) 『ロイビーン』(72) 『オリエント急行殺人事件』(74) 『マホガニー物語』(75) 『北海ハイジャック』(79) 『ブラックホール』(79) 『サイコ2』(83) 『クライム・オブ・パッション』(84) 『サイコ3/怨霊の囁き』(86。監督も) 『サイキック・バンパイア』(88) 『殺人マシーン/デストロイヤー』(88) 『ジキルとハイド』(89) 『サイコ4』(TV。90) 『わが目の悪魔』(91) 『ネイキッド・ターゲット』(92) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロフィール
  • 俳優
  • 作品
  • 出演
  • アカデミー
  • ウィリアム
  • カンヌ国際映画祭
  • コロンビア
  • ドール
  • ニューヨーク
  • パルム
  • ワイラー
  • 助演
  • 友情
  • 大学
  • 男優賞
  • 私生活
  • 舞台
  • 説得
  • ころ
  • しばらく
  • デビュー
  • ノミネート
  • マン
  • ロンリー
  • 出身
  • 卒業
  • 受賞
  • 女優
  • 映画
  • 父親
  • 監督