生年月日データベース

エドワード・ヒックスEdward Hicks

画家[アメリカ]

1780年 4月4日

1849年 8月23日 死去享年70歳
エドワード・ヒックス - ウィキペディアより引用

エドワード・ヒックス(Edward Hicks、1780年4月4日 - 1849年8月23日)は、アメリカのフォーク・アート画家、敬虔なクエーカー教徒(キリスト友会のメンバー)。
生涯と作品 ヒックスはペンシルベニア州バックス郡で生まれた。
彼の最も有名な絵はおよそ62のヴァージョンが現存する『平和の王国』で、それはイザヤ書第11章にある「狼さえも子羊と住まい、豹は子供の横に伏し、子牛、若き獅子、肥畜も集い、幼き子が彼らを導く」という句を描いたものである。
さらにその絵の多くは、その背景に、ペンシルベニア州創設の時のウィリアム・ペンとレナペ族との間に結ばれた有名な協約を表現している。
幼くして母親を亡くしたヒックスを育てた一家はクェーカー教徒だった。
彼も進んで宗教に帰依し、巡回伝道者となった。
ヒックスは最初、車製造者の見習いをやった。
そこで彼は車を飾る絵の描き方を習った。
後に彼は独立して、家具などの装飾業を始めた。
ヒックスのクェーカー信仰は、時々、画家としての彼の活動と衝突した。
事実、彼は「俗世間」と関わったとして批判されもした。

連想語句
  • 作品
  • 生涯
  • ペンシルベニア州
  • ヒックス
  • イザヤ
  • ウィリアム
  • ギャラリー
  • クエーカー
  • バックス
  • ペン
  • レナペ
  • 代表作
  • 場所
  • 展示
  • 教徒
  • 有名
  • 画家
  • およそ
  • キリスト
  • クェーカー
  • メンバー
  • ヴァージョン
  • 一家
  • 伝道者
  • 創設
  • 協約
  • 多く
  • 子供
  • 子牛
  • 子羊
  • 宗教
  • 巡回
  • 帰依
  • 平和
  • 彼ら
  • 最初
  • 母親
  • 獅子
  • 王国
  • 現存
  • 背景
  • 表現
  • 製造者
  • 見習い