生年月日データベース

高橋由伸たかはしよしのぶ

プロ野球選手、監督[日本]

1975年 4月3日

高橋由伸 - ウィキペディアより引用

高橋 由伸(たかはし よしのぶ、1975年4月3日 - )は、千葉県千葉市中央区出身の日本の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
読売ジャイアンツ監督(第18代)。
シーズン先頭打者本塁打NPB記録保持者(2014年シーズン終了時点)。
妻は元日本テレビのアナウンサーの小野寺麻衣で、2児(2人姉妹)の父である。
義妹に小野寺結衣がいる。
経歴編集 プロ入り前編集 プロ入りする前は右利きだったが、3歳の頃から誰に言われるでもなく自然と左打ちだった。
小学校4年生で地元少年野球チームへ入団すると同時に、6年生ばかりのレギュラーに唯一入れられる。
入団以前から同じグラウンドで練習していた高橋を見ていた監督が、動きやスイングの速さなどに卓越したセンスを感じたためであった。
5年生時には3番・ショートとしてチームの県大会初優勝、6年生時には4番・エースとして2連覇に貢献。
高橋は幼少期よりお父さんっ子であり、少年野球チーム在籍時から高校の寮に入るまで、常に父親との二人三脚で自主トレをしていた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

日本の元プロ野球選手で、読売ジャイアンツ(巨人)監督。1975年4月3日生まれ、千葉県千葉市出身。身長180センチメートル、体重87キログラム。現役時代は右投げ左打ちの外野手だった。オールスター出場9回、ベストナイン選出2回、ゴールデングラブ賞7回。 小学校4年生の時に、地元の軟式野球チームである生浜ヤンキースで野球を始める。5年生、6年生の時には2年連続して千葉県大会優勝に貢献。中学時代は千葉市の少年硬式野球チームである千葉ジャガーズに所属。エースで4番として、2年連続全国制覇を成し遂げている。高校は神奈川の桐蔭学園へ進学。1年からライトのレギュラーポジションを獲得し、夏の甲子園大会に出場。3回戦まで進んでいる。2年夏にも甲子園に出場しているが、この大会では初戦でサヨナラ負けを喫して敗戦投手となった。3年時には甲子園に出場していない。高校通算で30本塁打を記録している。卒業後、慶應義塾大学へ進学。大学では1年からレギュラーとなり、東京六大学リーグには通算102試合に出場。366打数119安打の打率.325、23本塁打、62打点を記録。特に本塁打は田淵幸一(法政)の持っていた22本塁打を29年ぶりに更新する歴代1位の記録保持者となる。大学4年生だった97年秋に巨人を逆指名し、ドラフト1位で巨人入りが決まった。 巨人では98年のプロ1年目からいきなり開幕スタメンの座を手にすると、ライトのレギュラーポジションを獲得。ルーキーながら規定打席に到達し、打率.300を記録した。また、オールスターにはファン投票で選出され、強肩を生かした守備が評価されてゴールデングラブ賞にも輝いている。翌99年には打率.315、34本 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 野球
  • オリンピック
  • 千葉市
  • 日本
  • アナウンサー
  • シーズン
  • プロ野球
  • 中央区
  • 内野手
  • 千葉県
  • 外野手
  • 小野寺結衣
  • 小野寺麻衣
  • 読売ジャイアンツ
  • 選手
  • たかはし
  • よしのぶ
  • アテネ
  • 保持者
  • 先頭
  • 出身
  • 姉妹
  • 打者
  • 日本テレビ
  • 日本テレビ放送網
  • 時点
  • 本塁打
  • 機構
  • 由伸
  • 男子
  • 監督
  • 終了
  • 義妹
  • 記録
  • 近代
  • 高橋