誕生日データベース

仰木彬おおぎあきら

プロ野球選手、監督[日本]

1935年 4月29日

2005年 12月15日 死去呼吸不全享年71歳
仰木彬 - ウィキペディアより引用
仰木 彬(おおぎ あきら、1935年4月29日 - 2005年12月15日)は、福岡県出身のプロ野球選手、プロ野球監督、野球解説者。
血液型はA型 昭和30年代の西鉄ライオンズ黄金時代に正二塁手として活躍し、引退後は西鉄、近鉄、オリックスのコーチ・監督を歴任した。
特に1980年代から90年代にかけて、10.19と呼ばれた名勝負や、阪神大震災後に『がんばろうKOBE』を合言葉に快進撃を果たし、率いたチームを11年連続でAクラス入りさせた。
プロ入り前 教員をしていた両親の間に生を受ける。
父親は太平洋戦争にて1944年2月に戦死し、母の手一つで育てられた。
1953年、東筑高校全日制課程商業科3年の時に夏の甲子園に投手として出場した。
2回戦(初戦)で片岡宏雄捕手のいた浪商に0-3で完封負け。
現役時代 1954年に西鉄ライオンズに契約金30万円、年俸36万円で入団。
投手として入団したが、1年目の春季キャンプにフリーバッティングでの投球を見た監督の三原脩から二塁手へコンバートを命じられる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 監督
  • 時代
  • オリックス
  • バファローズ
  • プロ野球
  • コーチ
  • 近鉄
  • ブルーウェーブ
  • プロ
  • 二塁手
  • 現役
  • 福岡県
  • 西鉄
  • 解説者
  • 選手
  • 野球
  • あきら
  • おおぎ
  • オリッ
  • クラス
  • チーム
  • ライオンズ
  • 仰木
  • 出身
  • 勝負
  • 合言葉
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 大阪近鉄バファローズ
  • 大震災
  • 引退
  • 快進撃
  • 昭和
  • 歴任
  • 活躍
  • 辞任
  • 逝去
  • 連続
  • 阪神
  • 黄金