誕生日データベース

野澤正平のざわしょうへい

経営者、山一證券 元社長[日本]

1938年 4月3日

野澤 正平(のざわ しょうへい、1938年4月3日 - )は、日本の実業家である。
1997年(平成9年)に廃業した山一證券の最後の社長として知られる。
長野県出身。
長野県屋代東高等学校を経て、法政大学経済学部卒業後、山一證券に入社。
1997年(平成9年)7月に山一證券の社長に就任したが、その僅か4ヵ月後の同年11月に廃業に追い込まれた。
その記者会見の席で「社員は悪くありませんから!」と号泣する野澤の姿は繰り返し報じられた。
山一證券の清算後には日産センチュリー証券社長およびユニコムグループホールディングス取締役副会長を歴任。
その後は営業や経営の経験に基づき山一證券出身の企業家等の指導・教育をしているほか、ピーアールコンビナート株式会社が主催する「評判づくり研究会」の運営顧問およびブレーン(マーケティング分野担当)を務めている。
生い立ち 長野県長野市川中島付近の農家に8人兄弟の4番目として生まれる。
高校卒業後には、家庭の経済的な事情もあり3年間家業の手伝いをして働いた。

■ 関連書籍

「野澤正平」と関連する人物

連想語句
  • 山一證券
  • 概要
  • 社長
  • 長野県
  • 最後
  • グループ
  • センチュリー
  • ホールディングス
  • ユニコム
  • 出身
  • 学校
  • 屋代
  • 山一
  • 平成
  • 廃業
  • 日産
  • 法政大学
  • 活動
  • 証券
  • 証券マン
  • 高等
  • 中学校
  • 企業家
  • 会長
  • 僅か
  • 入社
  • 卒業
  • 取締役
  • 号泣
  • 同年
  • 営業
  • 姿
  • 学部
  • 就任
  • 指導
  • 教育
  • 歴任
  • 清算
  • 社員
  • 経営
  • 経済
  • 経験
  • 記者会見
  • 野澤
  • 附属