生年月日データベース

石井眞木いしいまき

作曲家指揮者[日本]

1936年 5月28日

2003年 4月8日 死去甲状腺がん享年68歳

石井 眞木(いしい まき、1936年5月28日 - 2003年4月8日)は、日本の作曲家、指揮者。
東京府出身。
父は舞踏家の石井漠。
同じく作曲家の石井歓は兄、石井五郎は叔父。
幼少より、父の舞踏音楽を担当した縁で伊福部昭の薫陶を受け、その後正式に師事した。
1958年、ベルリンに留学し、国立ベルリン音楽大学作曲科でボリス・ブラッハー、ヨーゼフ・ルーファーらに師事した。
1962年に帰国後、十二音技法などを使った作曲をしていたが、その後アジア圏の民族音楽、たとえば声明やガムランなどに影響された音楽を作曲した。
国際的な交流活動にも積極的で、日独現代音楽祭や日中友好合作現代音楽祭の企画等も行なっていた。
1999年、紫綬褒章を受章した。
2003年4月8日、甲状腺癌のため66歳で急逝した。
交響詩『幻影と死』が遺作となった。
代表作品 オーケストラのための「響層」 交響詩「祇王」 雅楽とオーケストラのための「遭遇 II番」 日本太鼓のための「モノクローム」 日本太鼓とオーケストラのための「モノプリズム」(指揮小澤征爾、和太鼓林英哲、ボストン交響楽団の演奏で1976年初演。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いしいまき [生]1936.5.28.東京,東京[没]2003.4.8.千葉,柏作曲家。日本の現代舞踊の父といわれた石井漠の三男として生まれた。長兄は作曲家の石井歓。伊福部昭に師事し,1958年ドイツのベルリン国立音楽大学作曲科に留学。当初,前衛的な12音音楽による作曲を手がけ,ダルムシュタットで「現代音楽のための夏期講座」に参加。1962年に帰国後,徐々に日本や東洋の伝統音楽を取り込み,東西を融合した独創性あふれる作品群を発表していった。代表作に和太鼓とオーケストラのための『モノプリズム』(1976),交響詩『祇王』(1984),バレエ『輝夜姫(かぐやひめ)』(1985,イリ・キリアン振り付け),雅楽『紫響』(1970),声明『蛙の声明』(1984)など。映画音楽に『帝都物語』(1988)がある。海外での評価も高く,ドイツ批評家賞を受賞,ベルリン芸術週間で「石井眞木コンサート」が組まれた。ひげを蓄えた風貌と精力的な行動力で人をひきつけた。遺作の交響詩『幻影と死』は2003年7月,親交のあったゲルト・アルブレヒトの指揮で読売日本交響楽団によって初演された。1976年尾高賞,1999年紫綬褒章などを受けた。(→現代音楽) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 音楽
  • ベルリン
  • 作曲
  • ガムラン
  • ブラッハー
  • ボリス
  • ヨーゼフ
  • ルーファー
  • 五郎
  • 代表
  • 伊福部昭
  • 作品
  • 作曲家
  • 十二
  • 声明
  • 大学
  • 師事
  • 技法
  • 映画
  • 東京
  • 民族
  • 石井
  • 石井歓
  • 石井漠
  • アジア圏
  • バレエ
  • 交流
  • 出身
  • 叔父
  • 国立
  • 帰国
  • 幼少
  • 影響
  • 担当
  • 正式
  • 活動
  • 留学
  • 舞踊
  • 舞踊家
  • 芸術
  • 薫陶