生年月日データベース

ユハ・カンクネンJuha Kankkunen

ラリードライバー[フィンランド]

1959年 4月2日 生 (満59歳)

ユハ・カンクネン - ウィキペディアより引用

ユハ・カンクネン(ユハ・マッティ・ペレルヴォ・カンクネンJuha Matti Pellervo Kankkunen, 1959年4月2日 - )は、フィンランドのラリードライバー。
フィンランド・ラウッカ生まれ。
コリン・マクレーが1995年にタイトルを獲得するまで、史上最年少のタイトルホルダーだった。
カンクネンはユヴァスキュラの近くの農場で育った。
1978年にフォード・エスコートRS2000を操りラリーデビュー。
WRCには1979年の1000湖ラリーが初参戦である。
1983年にトヨタ・チーム・ヨーロッパに移籍。
1985年のサファリラリーでWRC初優勝。
1986年にプジョーに移籍、同年初の世界タイトルを得る。
翌年ランチアに移籍、世界タイトル連覇。
その翌年トヨタに復帰する。
1988年、1989年は古巣トヨタでセリカST165を駆り、89年はオーストラリアで復帰以来初の優勝を飾ると、1988年にはプジョーからパリ・ダカール・ラリーに出場し総合優勝した。

■ 映像作品

JUHA KANKKUNEN ユハ・カンクネン 1959年生まれ。フィンランド人。 86、87、91、93年にWRCドライバーズタイトルを獲得。 グラベルを得意とし、初優勝をサファリで飾るという離れ業を演じた「帝王」。 逆にターマックは苦手としていた。 相手が潰れるまで辛抱強く待つ、まさにラリー向きのドライビングだったが、SS中心の 高速化したWRCにも対応。 アリ・バタネンと同じくパリダカの優勝経験も持つ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ラリー
  • 世界
  • 選手権
  • タイトル
  • エピソード
  • コリン
  • マクレー
  • ラウッカ
  • 優勝
  • 獲得
  • 関連
  • ドライバー
  • ドライバーズ
  • ホルダー
  • 出身
  • 史上
  • 年少