生年月日データベース

根岸隆ねぎしたかし

経済学者[日本]

1933年 4月2日 生 (満85歳)

根岸隆 - ウィキペディアより引用

根岸 隆(ねぎし たかし、1933年(昭和8年)4月2日 - )は、日本の経済学者。
東京大学名誉教授。
専門は経済理論、経済学史。
すべての消費者の効用関数を内生的な個人重要度(所得の限界効用の逆数)で加重して集計した社会厚生関数の最大解と完全競争均衡との同値性を発見し証明した。
1993年にはEconometric Societyの会長を務め、同年日本学士院賞を受賞。
2014年11月には文化勲章を親授された。
1933年(昭和8年) 東京生まれ 1952年(昭和27年) 都立日比谷高校卒業 1956年(昭和31年) 東京大学経済学部経済学科卒業 1963年(昭和38年) 経済学博士(東京大学) 1965年(昭和40年) 東京大学経済学部助教授 1966年(昭和41年) Econometric Societyの終身フェロー 1975年(昭和50年) ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員教授 1976年(昭和51年) 東京大学経済学部教授 1985年(昭和60年) 理論計量経済学会(現在の日本経済学会)会長 1990年(平成2年) 東京大学経済学部長 1993年(平成5年) 日本学士院賞 1993年(平成5年) Econometric Society会長 1994年(平成6年) 東京大学名誉教授、後に青山学院大学教授 1998年(平成10年) 日本学士院会員 2002年(平成14年) 東洋英和女学院大学教授 2006年(平成18年) 文化功労者 2008年(平成20年) 瑞宝重光章受章 2014年(平成26年) 文化勲章受章 著書 単著 『価格と配分の理論』(東洋経済新報社、1965年) 『ケインズ経済学のミクロ理論』(日本経済新聞社、1980年) 『古典派経済学と近代経済学』(岩波書店、1981年) 『ミクロ経済学講義』(東京大学出版会、1989年) 『経済学史24の謎』(有斐閣、2004年) 『経済学の理論と発展』(ミネルヴァ書房、2008年) 『一般均衡論から経済学史へ』(ミネルヴァ書房、2011年) 論文 「マーシャル ……

■ 関連書籍

連想語句
  • 経済
  • 関数
  • 出典
  • 単著
  • 厚生
  • 名誉教授
  • 学史
  • 学士院
  • 学者
  • 文化勲章
  • 日本
  • 書評
  • 森ビル
  • 森泰吉郎
  • 消費者
  • 理論
  • 社会
  • 経営
  • 著書
  • 論文
  • 門下生
  • すべて
  • 会長
  • 個人
  • 内生
  • 創業者
  • 加重
  • 効用
  • 受賞
  • 同値
  • 同年
  • 均衡
  • 完全
  • 専門
  • 所得
  • 最大
  • 発見
  • 競争
  • 親授
  • 証明
  • 逆数
  • 重要
  • 長女
  • 限界効用
  • 集計