誕生日データベース

ジャック・ブラバムJohn Arthur “Jack” Brabham

レーシングドライバー[オーストラリア]

1926年 4月2日

ジャック・ブラバム - ウィキペディアより引用

サー・ジョン・アーサー・“ジャック”・ブラバム(Sir John Arthur "Jack" Brabham, OBE 1926年4月2日 - 2014年5月19日)はオーストラリア人の元F1ドライバー。
1959年、 1960年、1966年に3度ドライバーズチャンピオンを獲得した。
ブラバムの共同設立者でもあり、F1史上唯一、自らが設立したチームでチャンピオンとなった。
F1黎明期の1950年代にドライバーズチャンピオンを獲得したドライバーの中で最後の存命者であった。
レースデビュー オーストラリアのシドニー近郊で八百屋の息子として生まれる。
機械工学を学び、戦時中はオーストラリア空軍で整備士として働いた。
除隊後は機械工場を営みながらレースに参戦し、ミジェットカーレースやヒルクライムレースで活躍した。
当時のライバルのひとりはアラン・ジョーンズの父親だった。
2年連続チャンピオン 1955年にイギリスに渡り、クーパーでレーサー兼メカニックとして働きながら、ミッドシップレーシングカーの開発に携わった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元F1ドライバー。オーストラリア出身。1926年4月2日生まれ、 2014年5月19日没。 通称、ブラック・ジャック。 1959年、1960年、1966年のワールドチャンピオン。1955年、クーパーからF1デビューを果たし、同チームで1959年と1960年のタイトルを獲得。その後、1962年にロン・トーラナックとレーシングコンストラクター(ブラバム)を創立すると、1966年には自らがドライブして3度目タイトルを獲得した。 引退後はモータースポーツへの多大なる貢献が認められ、女王陛下より「サー」の称号を授かっている。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • チャンピオン
  • ブラバム
  • 獲得
  • 世界選手権
  • 設立
  • オーストラリア
  • デビュー
  • ドライバー
  • ドライバーズ
  • レース
  • 家族
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 連続
  • 関連
  • チーム
  • フォーミュラ
  • 共同
  • 史上
  • 唯一
  • 存命者
  • 最後
  • 自ら
  • 設立者
  • 黎明期