誕生日データベース

村松英子むらまつひでこ

女優[日本]

1938年 3月31日

村松 英子(むらまつ えいこ、1938年3月31日 - )は、日本の女優・詩人。
東京都出身。
身長162cm、体重50kg。
父は精神医学者の村松常雄、母方の祖父は田部隆次。
実兄は文芸評論家の村松剛。
兄の友人三島由紀夫の弟子で演劇活動を引き継いでいる。
夫の南日恒夫(日本テレビ勤務の技師)は南日恒太郎の孫ではとこに当たる。
来歴・人物 日本女子大学附属豊明小学校、日本女子大学附属中学校・高等学校、日本女子大学を卒業後に、慶應義塾大学大学院修了。
大学在学中に、文学座に入団し、その後座員に昇格するが、1963年、「喜びの琴事件」で、三島、中村伸郎らと共に文学座を脱退し、劇団雲を経てグループNLTに所属。
1968年には再び三島らと共にNLTを脱退し、劇団浪曼劇場の旗揚げに参加する。
三島に指導を受け、村松の資質を認めていたことから、三島戯曲の舞台に多数出演した。
1966年、第一回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した。
1971年2月の三島の葬儀に際しては、(本人は初め辞退したが遺族の強い希望で)演劇界代表で弔辞を読んだ。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • テレビドラマ
  • 三島由紀夫
  • 出演
  • 医学
  • 南日
  • 南日恒太郎
  • 映画
  • 村松剛
  • 村松常雄
  • 東京都
  • 田部隆次
  • 精神
  • 舞台
  • 著書
  • 訳書
  • 詩集
  • 関連
  • 随筆
  • はとこ
  • 再従兄弟
  • 出身
  • 勤務
  • 友人
  • 実兄
  • 弟子
  • 恒夫
  • 技師
  • 文芸
  • 日本テレビ
  • 本名
  • 母方
  • 活動
  • 演劇
  • 祖父
  • 英子
  • 評論家